コーデ配色をカンタン解説! 今すぐできておしゃれに見えるカラー使いのメソッド

カラーを選ぶときに、ついつい無難な黒を手に取ってしまう。またはピンクやレッドが好きで、クローゼットの中がカラフル過ぎる……。スタイリングの配色が上手に組めず悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、誰でも簡単におしゃれ見えが叶うカラー使いのメゾットをご紹介します。「モノトーン・ベーシック・暖色・寒色」の4つのパターンを、#CBKモデルのスタイリングを参考に学んでいきましょう♪

【1. モノトーンコーデ】異素材MIXで奥行きを出す!

まず最初に、ホワイト・ブラック・グレーの「無彩色」を中心とするモノトーンコーデを上手に作る方法から解説。スナップのようなブラックメインの組み合わせがこんなにもオシャレに見えるのは、アイテムの素材を意識しているからこそです。

透け感のあるシャツ、レースのワンピース、フリンジのバッグ、キャンパス生地のスニーカーと、色はモノトーンで統一しつつ異素材をMIXさせたのが成功の鍵。スタイリングに奥行きが生まれ、こなれ感たっぷりに仕上がります。

【2. ベーシックカラーコーデ】ホワイトを加えて調整する!

次にご紹介するのは、モノトーン以外の「ベーシックカラー」で作るコーデ方法。ベージュ・ブラウン・ネイビーは定番色でありながら、モノトーンよりも優しくナチュラルな印象を与える優秀なカラーです。

しかし茶系のニュアンスカラーは色の幅が広く、微妙にカラートーンが違うものを選んでしまって、なんかしっくりこない……なんてことも。そんなときの解決に役立つのが、スナップのようにホワイトを加えること! オーソドックスなカラーの繋ぎ役として投入すれば、コーデの引き締め&トーンアップに役立ちます。

【3. 暖色系コーデ】柄の色と小物をリンクさせる!

次にレッドを中心とした「暖色系コーデ」をご紹介します。スナップのジャケットは、柄に鮮やかなレッドが入ったデザイン。ジャケットを選ぶときに、着こなせるか不安だからと、ついつい無地のシンプルなものばかりを選んでいませんか。実はレッドなど「有彩色」でコーデを作るのはとっても簡単なんです♪

ジャケットに使われているレッドをもう一か所、スタイルのどこかに取り入れてあげるだけでOK。モデルさんは、レッドのクラッチバッグでカラーリンクさせていますね。ジャケットの柄だけにレッドが入っているとちょっと派手に感じることもありますが、バッグなど小物でレッドを繰り返し使うことで、統一感のある着こなしが叶いますよ。

【4. 寒色系コーデ】アウターで取り入れたら、インナーは無彩色でまとめる!

最後は、寒色系・ブルーを使ったコーデをピックアップ! スナップのようなロングカーディガンやコートのように大きな面積でインパクトあるアイテムに有彩色を使う場合、インナーは無彩色でまとめると大人っぽく決まりますよ。

足元に少しブルーが入ったスニーカーをチョイスし、カラーリンクさせているのも花丸。点々と散らばったカラーが統一感とおしゃれ度を同時に高めた着こなしを、ぜひこの秋マネしてみてくださいね♥

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。