「つなぎ」、最近の言い方は?【40代50代おしゃれの疑問をこっそり解決!】

40代50代にとって「つなぎ」といえば、上下がつながった服として馴染みがあるアイテムですが、最近の言い方はちょっと違うんです。

近ごろ「つなぎ」の代わりに使われているのが、「オールインワン」。「つなぎ」からどんな風に呼び方が変わっていったのか、今さら聞けないおしゃれの疑問をこっそり解決していきましょう♪

おしゃれとしての「つなぎ」は「オールインワン」へ

最近の「つなぎ」といえば、作業服やワークウェアとして使われるのが一般的。おしゃれとしての「つなぎ」は、「オールインワン」と呼ぶのがポピュラーなんです。

「オールインワン」とは、和製英語で上下がひと続きになった服のこと。フランス語の「コンビネゾン」も同じ意味として使われています。

デニムやチノのようなワークっぽい生地だと、思わず「つなぎ」と呼びたくなりますが、生地感やデザインにかかわらず「オールインワン」と呼ぶのがスマートな印象です。

女性らしいデザインを盛り込んだ「オールインワン」

ウエストマークやカシュクール・ドット柄など、女性らしい要素を盛り込んだ「オールインワン」は、ワンピース感覚でおしゃれに着こなしたいアイテム。ささっと一枚着るだけで、コーディネートが完成します。

「オールインワン」は袖があるとは限らない

「オールインワン」の特徴は、上下がつながっていること。袖がなくても、上下が続いたパンツデザインをオールインワンと言います。

上半身の布が少なく、重ね着しかできないのが「サロペットパンツ」

「オールインワン」と似たファッション用語で「サロペットパンツ」があります。オールインワンとの違いは、サロペットパンツは上半身の布が少なく、重ね着でしか着こなせないこと。

プルオーバーやブラウスをインナーに挟んだレイヤードスタイルがサロペットパンツの楽しみ方です。

いかがでしたか?

上下がつながったアイテムの呼び方は他にも「ジャンプスーツ」「オーバーオール」など!  たくさんあり過ぎて、ごちゃごちゃになりそうですよね。

ネット通販の場合は「つなぎ」で検索すると業務用の作業着がアップされるので、「オールインワン」でサーチするのがおすすめですよ♪


【40代50代おしゃれの疑問をこっそり解決!】そのほかの人気記事
The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。