「ジーンズ」や「ジーパン」、最近の言い方は?【40代50代おしゃれの疑問をこっそり解決!】

ジーンズ・ジーパン・デニム……どれも似たようなイメージがありますが、以前は「ジーンズ」や「ジーパン」という言い方が主流でした。最近では、もっぱら「デニムパンツ」と呼ぶのが一般化していますが、どのように変化していったのでしょうか。

今さら聞けないおしゃれの疑問、こっそり解決していきましょう♪

ジーパン・ジーンズ・デニムの違いは何?

40代50代に馴染みがある「ジーパン・ジーンズ」ですが、そもそもこの二つの違いは何なのでしょうか?

「ジーンズ」とは、デ二ム生地など厚手織物で作られたカジュアルなパンツのことで、「ジーパン」とは、ジーンズパンツの略のこと。

どちらも同じ意味ですが、一般的にはジーパンの方が呼び方として古い印象があるようです。

最近は「デニムパンツ」と呼ぶのが一般的に

最近では「デニムパンツ」という呼び方が広く定着化しています。

若い世代やアパレル業界では「デニム」と略して呼ぶこともありますが、デ二ムはあくまで素材の名前。正確な服の名前は「デ二ムパンツ」です。

パンツのことをズボンと言わなくなったように、名前にも時代の流れがあるようですね……。

ぴったりしたデニムパンツは「スキニー」と呼ばれる

ピタッとしたデニムパンツの呼び方は「スキニー」。脚にフィットするので、デニム生地にストレッチが効いているものが主流です。

ゆったりしたデニムパンツは「ワイド」

パンツ幅が太いのが「ワイドデニムパンツ」。ゆったりしているので、硬いデニム生地でも穿き心地がラクチンです。

裾がほっそりしたデニムパンツは「テーパード」

裾がほっそりしているのが「テーパード デニムパンツ」。女性らしいシルエットできれいめに見えるのが特徴です。

いかがでしたか?

ジーパンやジーンズという呼び方は間違いではありませんが、最近はデニムパンツと呼ぶ方がスマートな印象。おしゃれに見えるシルエットにも流行があるので、自分の体型に似合う旬のデニムパンツを見つけたいですね。


【40代50代おしゃれの疑問をこっそり解決!】そのほかの人気記事
The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。