無理なダイエットは必要なし! 「服の選び方ルール」で叶える素敵な自分コーデ

「痩せたら素敵になれる」「痩せている人が美しい」そんな無言のプレッシャーを感じている人も多い様子。

でも大丈夫、無理なダイエットをしなくても、服のセレクト次第で素敵な自分はつくれます♡ 今回は大人世代が知っておきたい、ほっそり見える服の選び方と着こなし方をご紹介します。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

【1】「膨張色」は避けましょう

まず痩せ見せを狙うなら、「膨張色」を避けるのがベター。淡いパステルカラーとダークカラーを着比べたとき、自分が思っている以上に印象の違いがあります。

スラッと見せたい日は、ダークブラウンやネイビー、ブラックなど、引き締めカラーを意識して選ぶようにしましょう。

【2】ポイントを「上」につくって

引き締めカラーが大事なのはわかったけど、いつもブラックやネイビーばかりだとつまらない……。そんなときは、どこか1~2カ所にポイントをつくってあげましょう。

スナップはチェック柄ストールをセレクトし、ダークコーデをより素敵に仕上げています。他にはボーダーのカーディガンを肩から掛けるなど、少しでも視線を上に持っていくと着痩せ効果大♡

【3】「引き締めアウター」は必須

面積が広いぶん存在感のあるアウターこそ、引き締めのダークカラーに頼りたいもの♡ ただ全部がダークだと重たく見えるので、トップスはホワイトやピンクなど明るいカラーを合わせましょう。アウターとのコントラストで、よりシャープな印象に仕上がります。

スナップは上下ホワイトのワントーンに、ネイビーのコートを合わせたスタイル。ダークカラーのコートがあれば、ほっこりしがちなホワイトも気負わず楽しめるはずですよ。

【4】「個性派バッグ」がダークコーデを引き立てる

地味になりがちなダークカラーコーデをオシャレに見せるなら、「バッグ選び」も大切です♡ おすすめは単品で見るとちょっと派手?と感じるくらいインパクトのあるバッグ。スナップのようなペイズリー柄やレオパード柄はもちろん、ふわもこのファー素材で季節感を演出するのも手。

さらにホワイトのタートルネックニットを合わせれば、レフ板の役割を果たし、大人女性の顔も明るく見えますよ。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。