「カーディガン」をもっと着回す! コーデの幅を広げる5のアイデア

肌寒いときや季節の変わり目をはじめ、1年中ずっと活躍するカーディガン。うまく着回しできていますか?

サッと羽織れる手軽さが魅力のアイテムですが、いざ着ようと思っても「今日はカーディガンはなくてもいいかな」と、結局は出番が少ない一面も。そこで今回は、カーディガンをもっとうまく着こなせるようになるアイデアをご紹介します。

アイデア1:「差し色」としてカーディガンを投入する

ワンピースの着回しパターンを増やすなら、カーディガンを忘れてはいけません。例えばコーディネートがシンプルな日には、スナップのように「差し色」としてプラスしてみて。

カラーのカーディガンを1枚持っておくと、スタイリングが物足りないときに重宝しますよ。

アイデア2:アクセントとしてカーディガンを「肩掛け」する

ベーシックなカーディガンをお持ちなら、ぜひ「肩掛け」してみて。スタイリングのこなれ感がアップしますよ。トップス1枚だけではカジュアル過ぎるときにも、サラっと肩掛けするだけでおしゃれに引き締まります。

アウターを着るほど寒くはないけれど、何かプラスしたい。そんな日にもぜひ取り入れてみてくださいね。

アイデア3:肩掛けカーディガンの応用編、「たすき掛け」にチャレンジ!

おしゃれ上級者を狙うならカーディガンの「たすき掛け」にチャレンジを! 慣れないうちは、全体のバランスが取りやすいワンピースコーデにプラスするのがおすすめです。

アイデア4:カーディガンのボタンを留めて「トップス」として着る

カーディガンは羽織るもの。そう無意識に思い込んでいませんか? ボタンを留めればカーディガンはトップス仕様で着られるんです。

秋や冬なら、カーディガンからタートルネックをチラ見せするのも可愛いですよ。インナーを替えておしゃれを楽しんでみてください。

アイデア5:「カーディガン×襟付きブラウス」でほんのりガーリーに

こちらもカーディガンをトップスとして見せるアイデアです。インナーに「映える襟付き」のブラウスを選んでみて。甘すぎず大人っぽいガーリーコーデが楽しめますよ。ちょっぴり可愛げのあるカジュアルコーデが気分の日にぴったり♪


「着回し」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。