結婚式お呼ばれの「小物」マナー講座。サクッとわかるポイント教えます!

結婚式にお呼ばれされた際、ドレスが気になるのはもちろんですが、「小物」のマナーは自信がない!という方も多いのではないでしょうか。アクセサリーに始まり、バッグ、シューズと小物は多岐に渡るため、いろいろ調べるのも大変ですよね。

そこで今回は、サクッと読むだけでマナーのポイントがわかるお役立ち情報をお届け! これで安心&パーフェクトにドレスアップできますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね♡

【小物マナーその1】パンプスは「つま先」が隠れるものを

実は周りからよく見られている足元。ドレスアップのときに、よりいっそう注意が必要な部分でもあるんです。結婚式のゲストとしてふさわしいシューズは、「つま先」が隠れるヒール3cm以上のパンプスです。

つま先が出ているとカジュアルな印象を与えてしまうことに加え、「妻が先に出る」=「妻が先立つ」を連想するとして縁起がよくありません。

また、アニマル柄やヘビ・ワニ革なども殺生をイメージさせるので避けましょう。素材はベーシックなレザーやスエード、サテン、エナメルなどがベストです。

【小物マナーその2】アクセサリーで最もふさわしいのは「パール」

ドレスアップスタイルを華やかに見せるアクセサリーも重要な小物の一つ。結婚式が昼なのか、夜なのかによってふさわしいアクセサリーの選び方が変わってくるので注意が必要です。

お昼の式であれば最も無難なのは「パール」。光り過ぎず、上品な素材感は格式の高い式場にもぴったりマッチします。反対に夕方以降の式であれば、ビジューなど光るアクセサリーを着けるのが◎。

2連や3連のパールネックレスって、結婚式に着けて行っていいの?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。結婚式では「幸せが重なる」という意味合いで捉えられるので、むしろ積極的に身に着けていきたいアイテムです。

【小物マナーその3】紙袋は「お買い物袋」! きちんとサブバッグを用意して

結婚式で使うクラッチバッグは、小さいから荷物が入りきらないですよね。でもそこでブランドの紙袋を登場させるのはNG! なぜかというと紙袋はお買い物を入れる「袋」でしかないため、「バッグ」の代わりにはならないんです。

サテン素材など華やかさのある布製バッグを持つのが、見た目にもマナーとしてもベストです。ベージュやグレー、ブラックなど、合わせやすい色味のものを用意しておけば使いやすさ申し分なし。ぜひ手元に置いておくようにしましょう。

【小物マナーその4】ストッキングは「ナチュラルなベージュ」を選んで

ストッキング選びにも実はマナーがあります。結婚式参列で最もふさわしいのは「ベージュのナチュラルストッキング」です。

脚がきれいじゃないし細く見せたいから黒がいい、なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、黒のストッキングはお葬式をイメージさせるのでNG。ワンポイントやラメの入っているストッキングならOKです。上手に取り入れて、気になる部分をカバーしましょう。

The following two tabs change content below.

naco

セレクトショップ販売員などを13年以上経験し、近年はファッションライターとして活動。シンプルなスタイルの中に、少しエッジを効かせるのが好みの36歳。「おしゃれは自分を高めるための最高の武器」だと思っています。素敵なファッションライフのお役に立てたら幸いです。カラーコーディネーター/フォーマルスペシャリスト資格保持。