首が短くても襟付き服が似合う! 首元をスッキリ見せる「オープンカラー服」のススメ♪

夏はサラリとしたシャツやワンピースが似合う季節。しかし首が短いと襟付きの服を敬遠しがちに。襟のあるシャツやワンピースでも、首元をスッキリと見せるにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、首が短い人にぴったりな「オープンカラー服」をご紹介します♪

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

襟がフラット&Vネック開きの「オープンカラーシャツ」なら首がスッキリ見えに

オープンカラーとは、その名の通り「開いた襟」のこと。レギュラーカラーやスタンドカラーのような襟腰がないので、襟の高さがなくフラット。Vネックのように開いた襟との相乗効果で、首詰まりを解消してくれます。

加えて首そのものが長く見えるので、シャツスタイルもすっきり決まります♪

抜き襟にして首の長さをあいまいに

オープンカラーのシャツは抜き襟で着こなすのもイチ押しです。抜き襟にすれば首からデコルテのラインが見えて、首の長さがあいまいに。さらに後ろ側にゆるっと抜くことで、首が長く見える視覚効果が期待できます。

ただオープンカラーの抜き襟は開きすぎるので、下着が見えることも。見せキャミソールやタンクトップをプラスして、インナー対策をしておきましょう♪

アウター代わりにサッと羽織ってシャツジャケット風に

オープンカラーのシャツは羽織りにもぴったり。襟の形が「テーラードカラー」に似ているので、カジュアルなシャツジャケット風のコーディネートが楽しめます。

オープンカラーシャツを羽織るとラフな雰囲気が出て、シーズンムードたっぷりに。タンクトップやワイドパンツと合わせて、リラクシーに着こなしたいですね♪

オープンカラーのワンピースやセットアップできれいめに

コーディネートが苦手な方には、オープンカラーのワンピースやセットアップがおすすめ。一枚でスタイリングが決まります。

さらにレギュラーカラーやバンドカラーより首が長く見えるのもいいところ。デコルテラインをスッキリ決めつつ、簡単にきれいめなコーディネートが楽しめます。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。