大人体型にデニムパンツは似合わない!? 「NGとOK」のポイントを解説

大人女性に欠かせないデニムパンツ。特に小さなお子さんを育てるママにとってはマストアイテムですよね。

しかし年齢や産後の変化により大人体型になると、生活感が出る、野暮ったく見える……などお悩みも。そこで今回は大人体型さんのデニムコーデを「NG・OK」に分けて解説します。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

NGコーデ:オールカジュアルは難易度が高め

まずは、体型の気になる大人がデニムコーデを難しいと感じる理由から探ってみましょう。横幅があると、その分おばちゃん体型や幼児体型に見えやすくなるんです。

中でも気を付けたいのは、Tシャツ×デニムパンツ×スニーカーのようなTHEカジュアルなコーデ。おしゃれで憧れるけれど大人体型には難易度が高めです。

大人がデニムパンツをうまく取り入れるには「きれいめポイント」を一つ作るのが必須! 次の章からはOKコーデをご紹介します。

OKコーデ1:デニムパンツ×カラーパンプス

カジュアルなデニムパンツには、きれいめなアイテムを1点入れて「デニムパンツをオシャレで着ているんですよアピール」をするのが大切です♡

スナップではデニムパンツコーデに、ヒールの高いパンプスを投入。オレンジやレッドなど鮮やかな色味を選ぶと、よりきれいめな印象が上昇します。

OKコーデ2:デニムパンツ×シアーシャツ

お次はホワイトのデニムパンツにシアーシャツを合わせて。ここでは「透け感」がきれいめポイントです。透けトップスはちょっと苦手という人は、滑らかな光沢のあるシャツでもOK!

また、ホワイトデニムは取り入れるだけでコーデがあか抜け、オシャレ度も高めてくれる優秀な一本。膨張色だから挑戦しにくい、と感じるなら肉厚な生地を選んでみて。太もものラインが出にくくなるので、大人体型さんもチャレンジしやすいはずですよ♪

OKコーデ3:デニムパンツ×きれいめブラウス

こちらでは、デニムパンツにボウタイブラウスを合わせて上品なスタイルに。トップスはもちろん、バッグ・サンダルまできれいめでまとめているのがポイントです。

またデニムパンツにはカジュアルな印象がありますが、濃い色味を選ぶことできれいめな仕上がりに。この技は大人体型さんにもおすすめです。

スナップのようなスキニーパンツは苦手という人には、ストレートかブーツカットを推薦! 特にブーツカットは裾にかけて緩やかに広がっていくため、脚がほっそり長く見えてスタイルアップ効果にも繋がりますよ。

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。