今年は「NIKE(ナイキ)」が熱すぎる! 注目のスニーカー特集

2021年の足元コーデで大人気の「NIKE(ナイキ)」スニーカー。スタイリングにスポーティな雰囲気をプラスしてくれ、最旬の着こなしが完成するんです。でも、「どのモデルを選んだらいいのかわからない」「できれば流行っているモデルを履きこなしたい」なんて声もちらほら。

そこでこの記事では、今年おすすめの「NIKE(ナイキ)」スニーカーを4タイプご紹介。ぜひ、選び方の参考にしてください。

1|ボリューム感がたまらない! NIKE(ナイキ)「エアマックス」

まずご紹介するのは、NIKE(ナイキ)といえばこれ!というくらい人気の「エアマックスシリーズ」。クッション性の高いソールとボリューミーなデザインがオシャレさんの心をわし掴みしているんです。特に近年ではダッドスニーカーのトレンドが続いているので、その注目度はさらに高まっています。

NIKE(ナイキ)エアマックスはそのアイコニックさが主役級の存在感を放つので、シンプルコーデを一気におしゃれに格上げしてくれます。Tシャツ×スキニーパンツのシンプルカジュアルも、エアマックスの投入でここまで今っぽくクラスアップ!

 

カジュアル&スポーティなイメージが強いエアマックスですが、実はスカート合わせがひそかに人気。あえてキレイめなスカートコーデに合わせることで、おしゃれなテイストミックスコーデが完成します。初心者さんは、クリーンに決まるホワイトを選ぶと合わせやすいですよ。

 

周りと差をつけるなら、キャッチーなカラーが可愛いエアマックスにチャレンジ。お洋服とスニーカーの色をリンクさせれば、意外とコーデも簡単です。

スナップでは、パーカーのピンクとスカートのブラックを盛り込んだエアマックスを使い、カラフルだけどまとまった印象に。

2|プレーンだけどおしゃれ! NIKE(ナイキ)「エアフォース1」

二つ目にご紹介するNIKE(ナイキ)のスニーカーは、プレーンなデザインが洗練感漂う「エアフォース1」。ストリートカジュアルにハマるデザインですが、フラットかつシンプルなフォルムなので、とっても使いやすいのが魅力です。

 

こちらは、トレンドのジャケットセットアップ×エアフォース1の組み合わせ。あえてきちんと感のあるコーデに合わせて、大人の余裕を感じる着こなしに。エアフォース1はボリューム感がありますが、ホワイトを選べば重くならず好バランス!

 

先ほどのエアマックス同様、エアフォース1はスカートコーデにだってもちろん合います。ぽってりとボリュームのあるフォルムなので、足首の見えるスカート丈を選ぶとスタイルアップできますよ。

3|個性派フォルムが可愛い! NIKE(ナイキ)「アクアリフト」

NIKE(ナイキ)「アクアリフト」(=スナップ手前)はファッショニスタの所有率が高い人気モデル。足袋型のつま先と個性派フォルムが自慢できるスニーカーです。単品だとコーデが難しそうに見えますが、実際に合わせてみると、意外にどんなお洋服とも合う万能アイテム!

 

アクアリフトは厚みのあるソールが脚長見えも叶えてくれる優れものです。例えばこちらは、とろみ生地のワイドパンツに合わせたモードなパンツコーデ。パンツからチラッと見えるつま先がオシャレなアクセントに。

 

見た目がとっても個性的なアクアリフトですが、意外と華憐なワンピースとも相性バツグン! きれいめコーデの外しとして使えば、今っぽいカジュアル感が手に入ります。スナップでは、しっとりとしたワンピースとゴツッとしたスニーカーのコントラストがたまらないスタイリングに♪

4|NIKE(ナイキ)のスニーカーサンダルも可愛い! 秋は靴下を添えても◎

最後にご紹介するのは、NIKE(ナイキ)のおしゃれなスニーカーサンダルたちです。こちらは、春から夏にかけて大人気の「キャニオン」というモデル。ファッショニスタのスナップで見かけた方も多いのでは?

これからの時期は、カラーソックスを合わせてもセンスよく履きこなせます。スポーツサンダルは靴下との組み合わせがとっても可愛いので、意外と使える時期が長いんです。

 

今季は厚底タイプの「エアマックスココ」も注目株の一つ。足元におしゃれなアクセントをメイクできるので、いつものコーデが一気にアップデートできますよ。構築的なアッパーデザインもNIKE(ナイキ)ならでは。

気になるNIKE(ナイキ)スニーカーは見つかりましたか? ぜひ、おしゃれな足元コーデを楽しんでください。

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。