「色モノの服」がおしゃれに着られる! 自信が持てるマル秘テクニック

これからの季節の服装は、気温が下がるにつれて重い素材が中心になっていきます。色までブラックやグレーを選ぶと、地味な印象になりがちに。さらに大人女性は表情がくすんで見える恐れもあるため、注意が必要です。

そこでおすすめしたいのが「カラーアイテム」に挑戦すること。鮮やかな色の服は着る勇気がない!と感じる人も大丈夫。誰でも自信を持ってスタイリングできるマル秘テクニックをご紹介します。

テクニック1:まずは顔から遠い「ボトム」からチャレンジ!

鮮やかな色の服を着ようと思っても、「よしチャレンジするぞ!」と気合を入れないと手が出せない人は多いはず。顔から遠い「ボトム」なら予想以上に取り入れやすいので試してみて。

さらにトップスで着ると顔色がくすむ色も、ボトムなら心配ご無用。スナップのようなブルーのスカートは、デニムパンツと同じ感覚で穿けるので使いやすさ抜群です。

テクニック2:合わせるトップスは「シックな色」を選べばいい!

次にご紹介するのは「ニュアンスカラー」のボトムを取り入れやすくする方法。トレンドだから穿きたいけれど、なんだかボヤッとしてしまう……なんて思っていませんか?

そのお悩みはダークカラーのトップスを合わせて、おしゃれに引き締めれば即解決します。ブラックでは少しきつい印象に見えるという方には、ネイビーがおすすめ。女性らしさが際立って素敵に決まります♡

テクニック3:「同系色」で組めば馴染みやすい!

カラーアイテムと合わせるアイテムは「同系色」を選ぶと簡単! 似たもの同士で作る配色は調和するため、コーデの統一感が出るんです。「ベージュ×イエロー」のように暖色同士で組めば、気持ちまで明るくなれそう♪

スナップではトップスとボトムに「濃いブルー×ペールブルー」をセレクト。こんな風に同じ色で濃淡が違うものを合わせるのもおすすめです。

テクニック4:困った時の「ボーダートップス」頼み!

手持ちの服が何を合わせてもしっくりこない……。そんなときは「ボーダー柄」に頼ってみて! 難しいカラーアイテムだってホワイト地のボーダーとなら、まとまりよく決まります。

さらにホワイトには肌のくすみを飛ばすレフ板の効果もあるので、大人が取り入れない理由が見つかりません。全体が華やかな配色コーデになるため、足元はベーシックカラーのシューズで引き締めると好バランスです。

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。