パーソナルカラー診断って何がいいの?どうやるの?【今さら聞けない疑問を解決!】

最近よく耳にするようになった「パールナルカラー」。自分がより魅力的に見える「色」を知る診断です。とはいえ、何のことだかよくわからない!と思うのも本音ではないでしょうか。

そこで今回は、一時期パーソナル診断にドハマリした筆者がパーソナルカラーを知るメリットに加え、診断の体験談をお届けします。

※本記事は登場するモデルさんのパーソナルカラーを断定するものではなく、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

パーソナルカラーを知るメリットは?|自分が魅力的に見える色がわかる

自分のパーソナルカラーを知ると「自分を魅力的に見せてくれる色」がわかります。服はもちろん、リップやチークなどメイクの色、髪色、アクセサリーに至るまで「こういう色を選ぶと素敵になる」というのが明確に。色選びに悩むことが多い方にとって、一つの指針となります。

しかし、「似合う色・似合わない色を区別するため」と解釈してしまうとオシャレの幅を狭めることに。「こんな色が魅力的に見せてくれるんだ」と認識するのがおすすめです。と言うのも筆者は、パーソナルカラーにとらわれ過ぎたあまり「この色はダメ!」「こんな色を着たら野暮ったく見える」と、やたらと過敏になってしまった時期があったんです。

そうではなく、「こういう色味を選ぶと透明感が出る」「あか抜けて見える」など、パーソナルカラーを知ることで得られるポジティブな部分に目を向けるのが大切と感じます。

何種類にわかれるの?|有名なのは「イエベ春・ブルベ夏・イエベ秋・ブルベ冬」の4タイプ

パーソナルカラーの主な診断は「イエベ(イエローベース)」「ブルベ(ブルーベース)」で分けます。自分本来の肌の色が、黄みよりなのか青みよりなのかを見ていきます。併せて、お肌や髪にツヤがある(鮮やか)かマット(穏やか)かなどを総合診断し、4タイプの中から肌質と共通点が多いものに当てはめるのが有名な診断方法です。

明るくて鮮やかな色が似合えば「イエベ春」タイプ。淡く穏やかな色なら「ブルベ夏」タイプ。大人っぽく落ち着いたダスティカラーが似合えば「イエベ秋」タイプ。パキッと鮮やかでコントラスト強い色が似合えば「ブルベ冬」と、4つのタイプがあります。

さらに細分化する診断方法もありますが、自分がこの4タイプの中でどれに当てはまるかを知っておけば、だいたいの似合う色は把握できそうです。

パーソナルカラーの診断方法は?|対面でのドレープ診断からセルフまで

パーソナルカラーが知りたいときに、ネットや雑誌などを見ながら自分で診断する「セルフ診断」も多くありますよね。しかし好みに左右されたり、何より自分を客観的に見るのはなかなか難しいもの。

自分のパーソナルカラーを明確にしたいのなら、やはりパーソナルカラーリストに依頼するのがおすすめです。パーソナルカラーをしっかり学んだ上で、顔にドレープを当てて診断してくれます。

まずはネットで「パーソナルカラー サロン 地名」と検索してパーソナルカラーリストさんを探してみましょう。料金はサロンによって異なりますが、対面式の場合は1万円~2万円くらいのところが多いようです。

決して安くはない料金なので、信頼できるパーソナルカラーリストに依頼することが大切です。筆者がおすすめなのは、ホームページだけではなくInstagramやTwitterなどからもマメに発信していて、かつ「本当に顔が明るく見える! あか抜けてる!」と思える写真を多く掲載している方を選ぶこと。

お安く試してみたいなら「ココナラ」など、スキルシェアサービスを使う方法も。2,000円くらいからありますが、画像診断になることが多いため、使う写真の撮り方も相談してみてください。

対面とネット、セルフ診断と違うもの?|筆者の対面&ネット体験談

ここからは対面診断の体験談をお届け。先ほども少し触れましたが、筆者は一時期パーソナルカラーにハマっていた時期があります。

セルフ診断では「ブルベ夏」と思ったのですが確信が持てず。そこで次に、パーソナルカラーリストさんの初診断としてスキルシェアサービスを選び、ネットで診断してもらいました。結果は同じく「ブルベ夏」。

やっぱりそうか……と一度は納得したのですが、なにせパーソナルカラーにドハマりしていた時期。数日後には対面式でパーソナルカラー診断を受けていました。その結果はなんと「イエベ春」。オレンジ系のリップは自分では似合わないと感じていたので、本当に?という気持ちに。

診断結果が分かれたこととコロナ禍が重なり、後日またスキルシェアサービスを使って別の方の診断をネット上で受けたところ、今度は「ブルベ冬」に。自分のタイプがわからなくなったので、しばらくパーソナルカラーについて考えるのを辞めました。

そんな私が感じたのは、「診断者の好みに左右される部分もあるのでは?」ということ。例えば芸能人のパーソナルカラーをネットで調べても、診断者によって違う診断結果が出てくることが多くあります。

そこで私がみなさんに声を大にしてお伝えしたいのが、診断を受けるなら「好みが合うパーソナルスタイリスト」にお願いすること! 発信している記事を読んで、ビビッとくる方に診断してもらうことが大切だと感じています。

パーソナルカラーで感じたこと|色選びの強い味方になってくれる!

パーソナルカラーは「いつも色選びで悩む」「似合うものがわからない」、そんなときの強い味方になってくれます。

でも逆に言うと、自分の好きな色が決まっていたり、好きなテイストがあったりする人にとっては、必ずしも知っておくべきものではないとも感じるのです。例えば自分が好む色とパーソナルカラーが違った場合、人によってはネガティブに作用してしまいますよね。筆者は「イエベ秋」と言われたことがないので、イエベ秋の色は避けがち。しかし秋冬に着たい色は「イエベ秋」の色が多いため、いつも葛藤します。

私のようにパーソナルカラーで選択肢を狭めるのではなく、あくまでも色選びの参考にするのがおすすめです。重く考えすぎずに、パーソナルカラーをうまく取り入れてくださいね!

パーソナルカラー監修:かりん

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。