お目立ちな「ダッドスニーカー」、40代はどう履けばいい? 大人に似合うボリュームスニーカーコーデ

今季のスニーカーはボリューミーなデザインが主流。中でも人気なのが「ダッドスニーカー」です。お目立ちゆえにハードルが高そうですが、大人女性はどんな風に履きこなせばオシャレになるのでしょうか?

今回は40代女性におすすめのダッドスニーカーコーデをご紹介します。

※こちらの記事ではモデルさんの年齢問わず、コーデの参考としてスナップを選定しています。

ダッドスニーカーって、どんなアイテム?

ダッドスニーカーとは、ダッド(お父さん)が履いているようなスニーカーのこと。90年代風のぽってりとしたフォルムは2018年に発売された当初【ダサいスニーカー】のニュアンスがありましたが、じわじわとおしゃれなアイテムにシフト。最近では、クールでスタイリッシュなイメージが定着しています。

40代女性におすすめなのが、ダッドスニーカーを差しアイテムとして使う方法。例えば、黒いスキニーパンツに合わせれば存在感たっぷりなスニーカーが引き立ち、大人っぽくスポーティなスタイリングに決まります。

カジュアルパンツはダッドスニーカーと「色」を揃える

ゆるっとした「ジョガーパンツ」「スウェットパンツ」と組み合わせる場合は、スニーカーと色味を揃えるのが正解。色で統一感をもたせることでラフな雰囲気のパンツがダラしなく見えず、しっくり馴染みます。

さらに大人っぽいアウターをプラスすれば、パンツのルームウェア感をカバーする効果アリ。「上質なダウンジャケット」「かっちりめのコート」ならお出かけモードに仕上がりますよ♪

派手色ダッドスニーカーは「ブラックコーデ」で引き立てて

ダッドスニーカーが派手色なら「ブラックコーデ」との組み合わせがおすすめ。存在感たっぷりなダッドスニーカーが映えて、着こなしにメリハリが加わります。ハンサムなパンツスタイルならグッとモードに。

スカートは「足首丈」がダッドスニーカーと馴染みやすい

スカートを穿くのなら、ボリューミーなダッドスニーカーが浮かないよう「ロング丈」を選ぶのがポイント。スニーカーと繋がりがよくなりオシャレに決まります。

また、ゴツめのダッドスニーカーは、ゆったりしたコーデの外しアイテムにもぴったり。スタイリッシュなスニーカーが効いて、スタイリングが引き締まりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。