50代「Tシャツ」が似合わなくなった。おしゃれに見せるコツ教えます!

若いころ普通に着ていたTシャツが「なんだか似合わない」と悩み出す50代。体型変化もあるけれど、スタイリングがラフなのが原因かもしれません。そのためシンプルすぎておしゃれに見えない、部屋着っぽくなるなど、お困りごとに直結しがちです。

今回ご紹介するのは、50代にぴったりなTシャツコーデ。54歳・accoさんのスナップをお手本に、おしゃれのコツを学んでいきましょう!

【1】「マーメイドスカート」にインする

accoさんのTシャツコーデは、ボトムにインしているのがポイントです。例えばシルエットが美しいスカートにきちんと裾を入れて着こなせば、シンプルなTシャツが引き立て役になりコーデがグッと映えます。

スナップのような「マーメイドスカート」なら、腰まわりをすっきり見せつつ華やかに。シャレ感が加わることでTシャツがお出かけ服にシフトします。

【2】「ロング丈フレアスカート」で夏らしく、ナチュラルに

Tシャツは「ロング丈のフレアスカート」とも相性バツグン。白×ベージュの配色でコーデを作れば、夏らしいナチュラル感が高まります。

ルックスが寂しくなってしまわないよう、ネックレスや上質なバッグを添えるのが正解。お出かけ感を演出すればTシャツの部屋着っぽさを解消します。

【2】「センタープレスのパンツ」できちんと見せる

パンツを合わせるときは、かっちりしたシルエットのものをチョイス。「センタープレスのパンツ」の選べばTシャツコーデがダラしなく見えず、きちんと感が漂います。アンクル丈のパンツなら、足元が軽やかになる上に女性らしく決まりますよ♪

【4】「夏モノのジャケット」を羽織る

Tシャツだけでは頼りなくて……。その場合は「夏モノのジャケット」を活用してみて。さっと羽織るだけでコーデがきれいめにまとまります。

デニムパンツを合わせるとTシャツのテイストにぴったりマッチ。ジャケットとの合わせ技で大人カジュアルな装いに決まりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。