足を長く見せる3つの足長テクニック♥

今日はモデルさんみたいにクールに決めたいのに、足が短くて様にならない…。
その気持ち、分かります。私も鏡を見て思わずため息をつくことがあります。
着る服によって足の短さが目立つときと、そうではないときがありますよね。
「そうではないとき」を意識して作れるように、今回は「足を長く見せるテクニック」をご紹介します!
人は見たものをそのまま認識しているわけではなくて、脳でその都度補正をかけています。これをいかに利用するかがポイントになっていきます。

1.靴とパンツの色を合わせて足長効果♪

靴とパンツの色を合わせると、腰から足首、足の先までを一続きに見せることができます。こうすると、色のつながりで長さを強調されます。
逆にパンツの裾を折り返したりすると流れが途切れてしまうため、足が短く見えるようなこともあるのでご注意ください!
足を出す場合はベージュのパンプスのような肌に近い色の靴を合わせるのも◎

2.ハイウエストのトップスで足長効果♥

ウエストポイントの高いトップスやジャケットを使うと、足が長いように錯覚させることができます。
ハイウエストのスカートやショート丈ジャケットは流行にもなっているので、効果的に取り入れていきたいですね♪

3.腰の位置を隠して足長効果★

着丈が長く、身体のシルエットの出にくい厚みのトップスを着ると、腰の位置を隠すことができます。
具体的には厚手のワンピースやチュニックなど。

 

The following two tabs change content below.