袖をまくるだけ! こなれ感は”袖クル”で簡単に作れる♡

最近よく聞く”こなれ感”はどういった着こなしを指すか知っていますか?
こなれ感とは「ファッションに慣れている着こなし」や「頑張って着こなしていないスタイル」のことを言います。
意味は分かってもなんだか曖昧で、実際はどうやって着こなせば良いのか分からないですよね…。
実はこの”こなれ感”、とっても簡単に作るテクニックがあるんです!
コツは袖をくるくるとまくるだけ♪
今回は、こなれ感のある”袖クルコーデ”をご紹介します。

シャツを袖クルして”できる女”を演出!

シャツは春になると着たくなるアイテムの1つですよね。
袖クルをすることで”できる女”っぽいコーディネートに仕上がります♪
大人のこなれ感があるスタイリングにしたいときにおすすめです。

デニムシャツも袖クルでこなれ感を♪

今年シャツの中でも最も注目したいデニムシャツも、袖クルをしてこなれ感のあるコーディネートに仕上げましょう♪
デニムシャツはメンズライクなアイテムなので、袖をまくって手首を見せることで女性らしさも演出できます。

Gジャンは袖クルで爽やかに着こなしたい♡

今年トレンドのアウターはGジャンですが、ちょっとハードなアイテムなので強そうな印象になってしまいます。
そんなときは袖クルをして体の一番細い部分の”手首”を覗かせることで、華奢な体型に見せられます。
また、春は暖かい季節なので袖をまくって”暑苦しくないコーデ”に仕上げられるのもポイントです♪

ミリタリーシャツは袖クルで”女性らしく”

ミリタリーシャツやジャケットはメンズライクなアイテム。ガーリーなアイテムと合わせるのが今年らしい着こなしです。一方で今年はパンツスタイルもトレンド。
メンズライクなアイテム同士を合わせるときも、袖クルがおすすめです。
7〜9分丈のパンツを選んで手首足首を覗かせると、更に女性らしくミリタリーアイテムを着こなせます♪

ライター:YUKA

The following two tabs change content below.

YUKA

服飾系大学で映画舞台衣装を専攻に学ぶ。 卒業後、10代後半~20代レディースカジュアル向けの会社にて企画職として従事。 結婚式など、冠婚葬祭のフォーマルな場での装いにも深い知識を持つ"フォーマルスペシャリスト"資格を保有。 現在は一児の母として子育て中。 Twitter:@ua99ha