ブラックスタイルに軽さを持たせる、夏の『黒 』コーデを大研究!

ブラックはいつだってモードでエッジーな、おとなの色です。

シーズンなんて関係なく、時にシックに、時にアクティブにエレガントでありクールである、常にファッションの中心にあって、特別な輝きを放つ色なのです。

そんな愛すべき、あこがれの『黒』をこの夏いかに着こなすか。かっこいいからかわいいまで、”ブラックコーデ” を考えます。

エッジの利いたブラックだから、ノースリーブとサンダルで軽さを出す

この時期のオールブラックを着こなす秘訣、それはシンプルにまとめることと抜け感を持たせること。色のチカラが強い分、どうしても重く見えがちです。全身黒でまとめるならば、ちょっとした工夫が必要です。

まずはきっちり肌を見せる部分を作ること。トップスをノースリーブにしたり、ボトムスをショートめにしたり、足下をサンダルしたりすることで、見た目の重さが軽減されます。そして余計なアクセサリーは一切着けず、シンプルにまとめましょう。そんな潔さがブラックのさらなる魅力を引き出します。

凛とした黒を着る、上品オトナのパーティコーデ

急なお呼ばれ、パーティにこんな黒のワンピースがあればとっても便利。

シンプルだけどエレガント、上品なカットのノースリーブだから、軽さと抜け感がきっちりあります。どんな場面も想定内の、シーンを選ばないデザインです。バッグ、シューズ、アクセサリーでアクセントをつけてワンランク上のパーティコーデに仕上げましょう。

MA-1とシフォンパンツで、ミリタリーな甘辛ミックス上級編

ミリタリーアイテムの代表格の『MA-1』ブラックと、スカートみたいなシフォンホワイトパンツ。かたやミリタリーかたやフェミニンと、まったく真逆テイストの組み合わせた、甘辛ミックスの上級編です。ちょっと意外なコーディネートですが、全然違和感を感じません。それもそのはず、上下のアイテムそれぞれがエアーを感じるデザインで、ボリューム感をまとめているから。アイテム同士がけんかしない、モノトーンだからこそ成立するおしゃれ上級者のテクニックです。

リラックスしたラインを楽しむ、おとな可愛いオールインワンを着よう♪

ふわっとしたデザインが特徴の、赤ちゃんのロンパースみたいなオールインワン。リラックスしたシルエットだけど、しっかりモード感があるのは黒の存在感のなせる技。無地のカットソーを合わせるだけで、細かく考える必要なしにコーディネートが出来上がってる。気軽に黒を楽しめる、おとな可愛い着こなしです。
 

ライター breath.

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。