ベーシックだけど地味にならない、こなれて見えるシャツの着こなし

基本中の基本のベーシックアイテムだからこそ、着こなしを間違えると”こなれ感”が半減して地味な印象になってしまいます。シャツと言って侮るなかれ、シャツだからこその”着方”があります。おとなのワードローブとして、オールシーズン、シャツは欠かせません。ボタンの外し方や袖口、裾の始末まで、コンサバだけに終わらせない今どきのテクニックを公開します!

ダメージデニムとメリハリつけて、涼やかリネンシャツコーデ!

リネンのシャツを選ぶのなら無地より断然ストライプがおすすめ。

作業服っぽく地味にならない上、さらっと軽さもあってキレイめコーデに最適です。フロントだけをボトムインして、こなれ感を演出したシャツの着方もグッド。合わせたダメージデニムにも適度なクラッシュ感があり、シンプルだけどつぼを押さえた今年のコーデになっています。

ふわっと緩いシルエット、着丈の長いホワイトシャツはモノトーンでまとめましょう。

いつともと同じじゃつまらない、シャツのトレンドってなんだろう?

それなら今年は風を感じるゆるふわのものがおすすめです。

ぴったりタイトになりすぎない、ジャストサイズできちんとさせない、ちょっと空気を取り込むようなやさしいタイプが今年の主流。ヒップの隠れる着丈の長いシャツだったら、もちろんそのままオーバーブラウスで。上手にカラーをまとめるために、細身のブラックデニムをボトムに投入。モード感をプラスしたモノトーンシャツコーデに仕上がります。

オシャレニスタのリラックスコード、デニムシャツとスウェットパンツが新鮮です!

デニムのシャツにスウェットパンツを合わせるのって、かなり高度なテクニック。さりげなさとこなれ感を出すには、シャツはきっちりボトムに入れましょう。ボタンも2、3個開けにして首周りに露出を作り、袖口もロールアップすると、小顔効果と手首の細見え効果が上がります。足下もカジュアルすぎるスニーカーは避け、ヒールのあるパンプス、サンダルを選ぶとすっきりスタイリッシュにまとまります。

チュールスカートをフェミニンだけに終わらせない、甘辛MIXチェックシャツコーデ♪

トレンドのチュールスカートもこんな風にチェックシャツで合わせることで、甘過ぎない”適度な甘さ”にセーブしたコーディネートに仕上がります。これくらいの着丈のシャツだったらボトムインせずに、オーバーブラウスが正解。ウエスト部分ももたつかず、ちょっと空気を取り込むような軽やか感が伝わります。
 

ライター breath.

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。