新たなおしゃれのキーワード、”ソフトミリタリー”を着こなしたい!

ハードになりがちなミリタリーアイテムを、”あえてソフト”に着てしまおうという新たなおしゃれのキーワード、”ソフトミリタリー”がきています。がっつりミリタリーにまとめてしまうとコスプレ感が出てしまい、イタいコーデになりかねない。でもちょっとフェミニンさをプラスしたり、崩しの小技でソフトにすると一気に新鮮な今年のコーディネートに変化する。おしゃれな女子が大注目のソフトミリタリーを取り上げます。

新しいおしゃれは意外性から、迷彩柄のチュールスカート

いつの時代も新しいファッションは、意外性と驚きから生まれるもの。何気なく使う日常の”可愛い”や”素敵”だって、それまで知らなかった新たな価値を見つけたときの”喜び”です。たとえばとびきりフェミニンなチュールスカートがカモフラージュ柄と出逢ったならばどうでしょう。1着の中に込められた作り手の想いにときめくはず。もっとステキに、もっと自由にとおしゃれを感じてときめくはずです。

余計なモノを引き算する、ソフトミリタリー入門編

最もポピュラーなミリタリーアイテム、カーキのシャツはごてごて余計なモノをつけないコーデが重要です。ソフトにカジュアルにを心掛け、外しや遊びでまとめましょう。ボトムはデニムのショートパンツ、足元にはサンダルを合わせれば、こなれ感が出てすっきりします。

抜き加減が重要です、大人のソフトミリタリー

今どきのおしゃれには適度な抜け感が必要です。やり過ぎない、イタくならない程度をわきまえて、きっちりポイントを押えましょう。イメージの強いミリタリーも、あえてアクセント付けのアイテムとしてコーデを組むのもひとつの手。女性らしいシフォンのトップスにさらっと肩掛けするだけで、劇的こなれが演出できます。甘くなり過ぎない様にスパイスを加えるさじ加減。これこそおしゃれ上手のなせる技です。

ロング丈のシャツコーデ、ソフトミリタリー上級編

ロング丈のカーキシャツコーデは、ソフトミリタリーでも上級編。着こなし方にもひと工夫、いやふた工夫くらいしちゃいましょう。まずはトップスのロゴTと足元のソックスを白にして、上下の配色のバランスを調整します。次はボトムの丈を短めにして、肌の露出をつくりましょう。ロングのカーキシャツの重さを、ここできっちり引き算します。最後にシューズはスポーツサンダルで抜け感をつくる事が大切です。ちぐはぐに見せないカジュアルスタイルに仕上がります。

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。