サブリナ・パンツの意味(画像付き)|ファッション用語

qr0ylobwf8rfevcdjuff

サブリナ・パンツとは、1954年の映画「麗しのサブリナ」で女優のオードリー・ヘップバーンが履いていたことから、流行したアイテムです。丈が七分丈から八分丈のスリムなデザインを採用したパンツで、すっきりした脚のラインに見えるパンツです。

The following two tabs change content below.

#CBK編集部

#CBK編集部の公式アカウントです。編集部からも様々な情報を発信していきます♪