黒よりも優しく、白よりも主張するネイビーをコーデに取り入れよう!

暑さや日差しを考えると、この時期黒を着るのは躊躇します。暑苦しく見えないかとか、ちょっと重さが出ないかなとか。
そんなときこそネイビーの出番です。黒よりも優しいイメージで、白よりも主張する感じ。決して淡い色ではないのに清涼感があり、きちんとしているネイビーはこの時期こそ本領を発揮します。
カジュアルコーデからかちっとしたスタイルまで、自在に対応するネイビーの魅力に迫ります。

ゆったりリラックスしたエレガンス、軽さを持ったネイビーコーデ

ベーシックなトップスと、ガウチョパンツをコーディネートしたような上品さが香るネイビーオールインワン。決して身体にフィットさせない、ゆるふわ優しいシルエットが特徴です。
トップの部分の立体的なフォルムは顔を小顔に、腕を華奢見えさせて、ボトムへの流れをつくります。さらにウエストから裾までのレングスも、ふくらはぎ位置のミモレ丈。大きく開いたガウチョの裾から覗く足首を、細く美しく見せています。
まとめはあくまで正攻法で、ヒールのあるサンダルを合わせましょう。リラックスしたエレガンス、軽さを感じるコーデに仕上がります。

あえてコントラストを効かせない、控えめなボーダーのカジュアルシック

ショート丈のトップスと、ベーシックなタイトスカートのセットアップは、カジュアルシックな魅力です。ピッチ幅が狭く織り柄のようなトーンの近いボーダーが、落ち着いた雰囲気を出すのに効果的。
何よりデザインのキモとなるのは、トップの丈の短さです。通常のカットソーの着丈に比べるとかなり短めで、動きの度に裾が開き、空気を取り込むような軽さがあります。
さらにネイビーの持つ品の良さが、大人な雰囲気にまとめて上げ、カジュアルコーデをシックに格上げしています。

雨の日のお出かけに最適な、スキニーデニムとレインブーツ

カジュアルでネイビーと言えば、デニムを置いて他にはありません。日常にすっかりとけ込んだデニムの活躍は、シーンをまったく選びません。
とくに雨の多いこの時期にはスキニーデニムがおすすめです。ロングのレインブーツと合わせて、デニムの裾をブーツインすれば、足もとをきっちり雨からガードします。そしてなによりスタイリッシュ。
むしむし暑いこの時期でも、ロングブーツのおしゃれを楽しめます。

洗練されたネイビーの魅力が引き立つ、シックなコンサバコーディネート

美しいシルエットのジャケットとパンツは、洗練された大人の魅力を引き立てます。深めのネイビーを選ぶことで、よりシックな雰囲気に。インナーにシフォンのプルオーバーを合わせて、さりげなくフェミニンを漂わせるのも素敵です。
まとめはシューズとクラッチバッグをシルバーにして、色のバランスに変化をつけましょう。エッジを効かせた遊びのあるこなれたコーデに仕上がります。

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。