70’s MIXに欠かせない”ボヘミアンスタイル”を取り入れる、たった一つの簡単な方法

70’s MIXがトレンドの中、徐々に流行り始めているボヘミアンスタイル。
どうやって取り入れようかと悩んでいらっしゃる方も多いようです。
トレンドを取り入れるなら「まずはファッション小物から」が定石。
小物で実現されているファッショニスタのボヘミアンコーデをご紹介します♪

フリンジつきクラッチバッグで最旬ボヘミアンスタイル

レジメンタルストライプが印象的なワンピースと、フリンジつきのクラッチバッグの相性がとても良いですね。
定番になりつつあるクラッチバッグにフリンジがついているだけで、”ボヘミアン”な最旬スタイルになります。

フリンジつきショルダーバッグで取り入れる最旬ボヘミアンスタイル

こちらはフリンジのショルダーバッグでボヘミアンを取り入れています。
ネイビーとホワイトの落ち着いた色味のファッションですが、フリンジバッグとガウチョパンツを合わせることでたちまち今年顔に。

ターコイズ(トルコ石)で取り入れるボヘミアンスタイル

ターコイズ(トルコ石)のネックレスとベルトを取り入れれば、簡単に全身ボヘミアンなスタイルに!
トップスのデニムのシャツはグラデーションになっていて、ボトムスのホワイトのミニスカートと合わせることでまるで一着のワンピのように馴染んでいます。いつか真似したい見事なテクニックです。
サンダルもエキゾチックなデザインのものをチョイスすることで、コーデのコンセプトが完成しています。

ターコイズカラーでボヘミアンスタイルを取り入れる

フリンジ付き×ターコイズブルーというボヘミアン感満載のクラッチバッグが特徴的。
本物のターコイズではなくとも、ターコイズブルーを取り入れることでボヘミアンを演出することができます♪

いかがだったでしょうか。
トレンドのアイテムを取り入れたいときに失敗したくなければ、ファッション小物から手をつけるのがおすすめです!

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。