大人シックなボーダーアイテムの取り入れ方講座♡

みんな大好き人気のボーダーアイテム! 意外と元気な印象を与えるアイテムだけに、袖を通してみるとちょっと若見えしすぎて、着こなしが上手くいかないという悩みの声を聞くこともあります。
そこで今回は、大人に相応しいボーダーの選び方を、ファッショニスタのスナップを通してご紹介いたします♪

太ボーダーを取り入れるならバッグ位がちょうどいい 

特に白と黒のようなコントラストの強い太ボーダーには存在感があるため、少し元気な印象に。バッグのような小物や、インナーとして面積を抑えて取り入れると、ほどよいアクセントとしてコーデ全体を新鮮な印象にしてくれます。

細ラインのボーダーなら若くなりすぎず大人顔になる

サロペットと合わせたこんなボーダーも、ラインが細いと大人シックになります。太めラインだと主張しすぎて若見えになってしましますが、細いラインなら上品さと大人の雰囲気がキープされます。

小物選びで差をつけるなら、おしゃれなボーダーかごバッグで

ボーダーといえばトップスかボトムで取り入れることが多いと思いますが、こんなおしゃれなかごバッグをプラスするのも大人ならではのチョイス。
洋服はシンプルに、素敵なボーダー小物で遊び心をプラスするのが大人ボーダーコーデの正解です。
 

ボーダー腰巻でさりげなくプラスするのが大人流

着るだけではなく、腰巻や肩掛けでボーダーを差すというのも一つの着こなしテクです。
タンクトップにペンシルスカートというシンプルな合わせに、ボーダー腰巻でアクセントをプラスしたこなれた大人の着こなしは参考にしたいですね。
 

女性らしく着るなら鎖骨をさり気なく綺麗に見せるとGOOD

トップスでボーダーを着るなら、太めよりもこれくらいの細いラインのものを選んだ方が、上品で大人の雰囲気をキープできます。
女性らしさがあらわれる鎖骨をさりげなく綺麗に見せつつ、おしゃれを楽しむところも素敵ですね。

いかがでしたでしょうか?
大人なボーダーの着こなしのルールは「トップスやボトムというい洋服で取り入れるなら、細ライン」「小物で取り入れるならインパクトある太めのものもOK」という2点。シンプルな洋服をベースに、この基本を意識しつつボーダーを取り入れれば、きっとあなたも洗練された大人のボーダースタイルが叶います♡

アパレルPR、某人気女性雑誌のファッション専門編集担当、専属ライター、ジュエリーブランドのビジュアルマーチャンダイジング、ブランドプロデュースやパーソナルスタイリストなどなど、とにかく一途にファッション畑で活躍中。

The following two tabs change content below.

style.com・miwa

アパレルPR、某人気女性雑誌のファッション専門編集担当、専属ライター、ジュエリーブランドのビジュアルマーチャンダイジング、ブランドプロデュースやパーソナルスタイリストなどなど、とにかく一途にファッション畑で活躍中。 ブログ:http://ameblo.jp/mstyleshop/