必見! 真夏こそ活用すべきロングカーディガンのコーデ4選

“ロングカーディガン”は昨年の秋冬から引き続いて人気ですね。
暑い毎日が続きますが、真夏のカーディガンは冷房対策もしてくれる優れもの。
外で遊び回っていたら、あっという間に夜になって、急に冷えが来ることも。
日焼け対策で腕を出したくない人にもおすすめのアイテムです。
今回はトレンドのガウチョパンツとも相性抜群な、”ロングカーディガン”の着こなしをご紹介します。

親子コーデマタニティのための”ロングカーディガン”コーデ

リゾートファッションの親子コーデが素敵なスナップですね。
ファッショニスタはよく見るとマタニティ。
“ロングカーディガン”はすとんと下に長く伸びたシルエットで縦長に見えるので、お腹まわりが気になりません。
ヒップまで隠れる”ロングカーディガン”は、マタニティの冷え対策としてもバッチリですね。

オシャレ上級者はオールインワンのショートパンツと”ロングカーディガン”を合わせる

ショートパンツのオールインとも合うのが”ロングカーディガン”の魅力ですね。
単にショートパンツで足を見せるだけではなく、”ロングカーディガン”を羽織ることでコントラストが生まれ、不思議によりセクシーな印象になります。
パナマ帽かカジュアルさを加えてくれますね。

ガウチョパンツのボリュームダウンに一役買う”ロングカーディガン”


トレンドのガウチョパンツともマッチする”ロングカーディガン”!
ガウチョパンツはそのボリューム感が魅力ではありますが、時にそれが気になってしまうことも。
そんなときは”ロングカーディガン”を羽織ることで、ボリュームを抑えてしまいましょう。
いつものガウチョパンツの着こなしにはない落ち着きが出るはずです。

ホワイト×ベージュ×ブラックの大人めコーデに”ロングカーディガン”を投入

こちらは”ロングカーディガン”の中でもヒップが隠れるほどの丈ですね。
ホワイト×ベージュ×ブラックの組み合わせは、失敗なしの大人コーデ。
そこにキレイ色のカーディガンを投入し、肩から羽織ってファッション小物として扱うことで、一気にパリジェンヌ風のおしゃれに。
“ロングカーディガン”はノーマルなカーディガンよりも面積が広いため、羽織るだけでもイメージを変える効果が大きいのです。

いかがでしたか。
真夏も役に立つ”ロングカーディガン”。
ぜひいつものファッションに投入して、使いこなしましょう!

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。