アパレル販売員ご用達の”サマーダーク” で叶う、秋見え簡単コーデ術を大公開!

まだまだ暑さは厳しい物の、アパレルショップの店頭には秋物商品が並び始めます。
気にはなってもまだ着る気にはなれない、という方が多いのではないでしょうか。
もちろんアパレルのショップスタッフも似た心境なのですが、それでも秋物を着ないわけにはいかないのが販売員の務めです。
そんなこの時期のスタイリングに毎年必ず生産され、販売員も着ているのが ”サマーダーク” と言われる商品です。
”サマーダーク” とは、『夏素材の秋カラー商品』 のことで、秋を先取りできる実用的なアイテムのこと。販売員が実践するコーディネートをさりげなく取り入れて、秋見えファッションを楽しみましょう♪

ロゴTのブラックカラー+ロングフレアースカートのグリーンカラーで秋見えカジュアル

ロゴ入りTシャツ ・ カットソー素材のフレアースカートのそれぞれを濃いめカラーで合わせると、秋イメージのカジュアルスタイルが完成します。 ”サマーダーク” のカジュアルスタイルとして、取り入れてみてくださいね。
スナップでは白スニーカーを履いていますが、ベージュカラーのブーティーや秋トレンドのフリンジ付きのサボなどを合わせて、ボヘミアンやフォークロアMIXのコーディネートもおすすめですよ!

ブラックカラーのカットソーセットアップ+ダンガリーシャツの前縛りで大人の秋カジュアル

ブラックカラーがメインのスタイリングですが、前縛りのダンガリーシャツで重くならない秋コーデに仕上がります。ブラックカラーは秋の演出がしやすいカラーなので、 ”サマーダーク” の定番カラーとしてすぐに取り入れられます。
フリンジ付きのバッグを合わせるとフォークロア調に、クラッチバッグを合わせるとスタイリッシュな着こなしにアレンジできます。

ブラックカラーのワントーンコーディネートでレディ感のある秋マニッシュが完成

今年のトレンドの一つがベージュカラーやグレーカラーのワントーンコーディネートが上げられていますが、ブラックカラーのスタイリングも秋イメージをアピールしやすく、定番的な着こなしができますよ。
スナップのように、トップスなどの1アイテムにプリント物を合わせると、さみしくならないスタイリングに仕上げられます。

インディゴデニム+ワインカラーで王道のサマーダークコーディネート

夏イメージのブリーチカラーとは打って変わって、インディゴカラーのデニムは秋冬イメージが演出しやすいアイテムです。インナーのワインカラーは、 ”サマーダーク” のスタイリングによく使われるカラーで、トレンドのミリタリースタイルやボヘミアンやフォークロア調のコーディネートへの差し色にもおすすめの秋カラーです。
ベージュカラーのスウェード素材などとも好相性なので、すぐにでも買い足したいアイテムです♪

The following two tabs change content below.

K-TAKEUCHI

アパレル関連やファッションアイテムの商品紹介などを中心に執筆活動を行い、今後はパーソナルスタイリストとしての活動も予定しています。 以前は長年にわたりアパレル業界に従事しておりましたので、その経験を活かしファッションのノウハウやコーディネートのコツなどを一般の方にもわかりやすく解説していきます。

この記事に関するキーワード