大人でもやっぱりガーリーが好き♡ そんなあなたに”モノトーン花柄”

ガーリー派にとって、花柄はマスト。
でも「そろそろ花柄って年齢じゃないかも」「秋が来たらさすがに花柄はおかしいんじゃないかな?」なんて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
末永く花柄と付き合っていくために、知っておきたいのが”モノトーン花柄”の存在。花柄でもモノトーンなら子供っぽくなりすぎず、秋冬でも着ることができちゃうんです。
今回は、そんなモノトーン花柄の着こなしをご紹介します。

ゆるやかマキシワンピはモノトーン花柄でシックに着こなしたい

ホワイトベースにブラックのフラワーを散らしたマキシワンピ。
夏らしくリゾートにぴったりですが、シックな印象をあたえるのはモノトーンカラーだから。
ウエストのシェイプがあるので、見た目にもだらしなくないですね。
気になる人はさらにベルトなどで差し色を入れ、メリハリボディを目指すのも◎

大胆モノトーン花柄は上品さを忘れないから、お呼ばれにも使える

夏のトレンドのミモレ丈スカートを着こなしているファッショニスタ。
スカートの柄は大胆なデザインで、手書き風の大きな花のモチーフが描かれています。
こんなデザインは見た目にごちゃごちゃしがちですが、上品なイメージにまとまっているのはモノトーン花柄だからこそ。
オレンジのトップスは少し個性的なデザインではあるものの、華奢なヒールサンダルと合わせることで、フェミニンな着こなしになっています。
ちょっとしたお呼ばれでも使えるコーディネートですね。

ライトブルーのカーディガンで合わせたモノトーン花柄で、一気におしゃれ上級者

こちらはオフィスにもピッタリのモノトーン花柄のワンピースです。
爽やかなライトブルーのカーディガンは、実はグレーと相性バツグンで、涼しげでフェミニンなのに甘すぎないイメージに仕上げてくれますよ。
またパールのネックレスは光をやさしく反射させ、顔に光を与えてくれるでしょう。
上級なようで、実は今すぐにでも真似できる着こなしです。

いかがでしたか。
まさに大人のためのモノトーン花柄。
ぜひ味方につけて、秋冬まで活用しちゃいましょう。

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。