チェックシャツを上手に着まわせていますか? 参考にしたい秋冬コーデ5選

数ある柄シャツの中でも、チェックシャツはカジュアルにもキレイめにも使える、とっても利用幅の広いアイテム。
袖をロールアップしたり、胸元をほどよく開けたり、
ボトムにタックインするなどなど、着こなし次第で多様な表情を見せてくれます。
ギンガムチェックやタータン、トーンオントーンや千鳥など、ラインの引き方によっても雰囲気が変わるチェックシャツを使いこなして、普段の着こなしをスタイルアップしてみましょう。

ギンガムチェックシャツとパンツのコーデ

ギンガムチェックシャツは、太めのパンツと合わせて、清潔感たっぷりにさわやかに着こなすのがおすすめ。
トップとボトムを、同じカラーで揃えると統一感が生まれます。シャツの地色と靴をリンクさせることも忘れずに。

チェックのシャツを腰に巻くならトーンオントーンで

トーンオントーンのチェック柄は、温かみのある素朴な雰囲気。
腰巻きするならこのタイプが一番しっくりきます。
着こなしやすいのは、白いラインの入っているものです。ベースのトップスやボトムスに馴染んでくれます。
 

チェック柄の白パンツと合わせてキレイに

pehdw4hne64oy1mfr02o
チェックシャツに合わせたココア色のインナーが、色合いのベースとなっています。
肩掛けした赤がアクセントに。
ベースは白と黒のモノトーンでつくっておけば、アクセントカラーやチェックをオンしやすいですね。

インに合わせる効かせアイテムとしてチェックシャツを活かす


インに合わせるならば、せっかくなのでチェック柄がはっきりと分かるものをチョイスしましょう。
白が効いていると、顔色も明るく映えます。 

チェックシャツを羽織りのアイテムとして

秋冬は、気がつくと地味色ばかりのレイヤードになりがち。

そこにパープル系のチェックロングシャツをコーディガン風にさらっと羽織れば、一気に華やいだ雰囲気になります。
足元にもカラーを配置して、反対色をうまく組み合わせましょう。

ライター:マッキ