ファッショニスタに学ぶ! カジュアル過ぎない ″オトナのパーカー″ 活用術

ちょっと肌寒いとき、日差しをカットしたいときなど気軽に羽織れるパーカーが1着あるととても重宝します。
このパーカーをカジュアルスタイルだけに取り入れてしまっていませんか?
今回は、カジュアルスタイルはもちろん、大人のレディコーデにもぴったりのパーカー活用術を、ファッショニスタの着こなしを参考にご紹介します♪

オールブラックのクールカジュアルコーデ!

オールブラックで揃えたシックなカジュアルコーデ。大人の雰囲気を醸し出せるブラックを基調とすることで、パーカーやチェックシャツもどこかシックにまとまりますね。
ロングスカートと絶妙なバランスのコンパクトサイズパーカーを選べば、スタイル良く仕上がります。

ペンシルスカート&カラーパンプスでパーカーをレディスタイルにシフト!

ラフなイメージのグレーパーカーをレディスタイルにシフトしてくれる、ペンシルスカートとカラーパンプスがコーデのポイントです。
ボーダートップスをさりげなく腰巻してウエストマークすることでメリハリのある着こなしに仕上がっていますね。

パーカーをマニッシュコーデのはずしアイテムに♪

クールなイメージのモノトーンシャツスタイルには、中折れ帽をプラスしてマニッシュな魅力をプラス♪
あえてジャケットではなくパーカーをチョイスすることで、程よくカジュアルダウンされ抜け感のあるこなれコーデに仕上がります。

+パーカーでこなれ感&オシャレ度アップ!!

レイヤードスタイルのアクセントとしても、パーカーは大活躍♪
ボーダートップス&ジャケットでも十分コーディネートが成立しますが、そこにラフなイメージのパーカーをINするだけでたちまちこなれ感&オシャレ度が高まります。
ハットとフリンジバッグでトレンド感をトッピングすれば、一層今季らしく仕上がりますね!

The following two tabs change content below.

伊野奈緒美(Naomi.Spring)

・41歳/福岡/フリーライター/ 伊野奈緒美(Naomi.Spring)/ HP:http://naomi-spring.com/ ・元アパレルメーカー販売促進業務担当。現在は、ライフスタイルメディア・企業サイトなどWebメディアを中心に、インテリアをはじめ住宅関連・リフォーム・ライフスタイル記事のほか、電子書籍版ファッション誌ライティングを担当。【保有資格】文部科学省後援 リビングスタイリスト1級/カラーコーディネーター2級/リフォームスタイリスト3級/ ・好きなスタイル:シンプルで普遍的に素敵なコーデ、イヤリング、ショートカット ファッションがくれる「ポジティブなチカラ」、そしてファッション×インテリアのアイデアをお届けします