おしゃれに差がつく♪「差し色」を効果的に使ってコーディネートを楽しもう!

みなさんは「差し色」を効果的に使っていらっしゃいますか?
「差し色」とは、ベースカラーやベーシックカラーと呼ばれる全体の印象を決めているカラーに対して、ポイントとなるために差し入れる色のこと。
全体がワントーンで統一された秋冬のコーディネートに取り入れると特に効果てきめんです♪
今回はそんな「差し色」を使ったコーディネート術をご紹介します♡

ロイヤルブルーのジャケットを差し色に大人のスタイリッシュコーデ

ブラックのトップスにホワイトスキニーのパンツを合わせたシンプルなコーディネートですが、ロイヤルブルーのノーカラージャケットを差し色として取り入れることで、エッジの効いた大人のスタイリッシュコーデが完成します。
コートの袖口の折り返し部分がグレーなので、モノクロのスタイリングと相性抜群ですね。

オレンジのガウチョパンツを差し色に華やかさをプラス

オレンジのアイテムをコーディネートに取り入れると、全体的にとても華やなスタイルになります。「差し色」効果がはっきりとあらわれているコーディネートです。
デニムのジャケットとオレンジのガウチョは対照的な色合いですが、デニムには落ち着いた色のものを選んでいるためとてもしっかり馴染んでいますね。

ネオンカラーのピンクトートでカーキ+ブラックのダークコーデに差し色をプラス!

洋服のアイテムにダークカラーが多いという方は、差し色用にネオンカラーのバッグを準備しておくと使えます。洋服として取り入れにくいカラーも、バッグなどの小物だと取り入れやすいでしょう。
いつものコーデもバッグで随分変化するものですよ♪

 

足元の差し色でおしゃれ上級者をアピール!

大人カジュアルの代表カラーのグレー×デニムのコーディネートです。ここに差し色として赤いヒールをコーディネートすると、甘辛MIXコーデが完成します。
あえてバッグと靴の色を合わせずに、靴だけに差し色を取り入れることで差し色効果が際立ちます。

The following two tabs change content below.

ヒペリカム

アパレルブランドの販売員として、大手百貨店にてカジュアルからフォーマルまで幅広いジャンルの販売に携わってきました。その経験を活かして、読者の皆様にファッションに関する情報を発信していきたいと思います。