ロック&マニッシュ☆ 秋冬のチェックシャツが「女性らしい」をつくる

これからの装いに季節感をプラスするのに最適なアイテムがチェックシャツ。ですがとりわけ寒い日に頼もしいフランネルシャツの場合、ひとつ間違えると、やわらかな素材感が裏目に出てしまい、どこか野暮ったい印象になりかねません。
そんなマイナス要素をかき消してくれるのがエッジィなロックテイストやマニッシュなコーデ。使い方次第で見違えるほど新鮮に見えるトレンドアイテム、チェックシャツを特集します!

ボトムにブラックスキニーをあわせてタイトなシルエットをつくる

ロックテイストはブラックベースが基本です。ボトムのカラー、シルエットをともに絞ることで、ネルシャツの華やかさが強調されます。素材はデニムよりもツルっとした質感のものをチョイスすることでより洗練されてみえます。
着こなしのポイントは二つ。襟や胸元、袖口を着くずしてエフォートレスな雰囲気をつくること。足元にかかとのあるものをあわせてフェミニンな要素を加えること。
チェックシャツのカラーは何でもOK。ただし身につけたとき、顔色が明るくみえるものを選ぶようにするとよいと思います。

上品スタイルをダメージデニムでドレスダウン

小さめギンガムチェックのボタンをトップまで閉めたきちんと感のあるスタイル。薄いカラーのダメージデニムを合わせれば、ダメージ部分のカラーの段差が少ないために、上品さを損なわずに上手くドレスダウンできます。
ポイントは、こぎれいなシューズとバッグ、ウエストベルト、そしてリストウォッチのベルトにいたるまで、随所にブラックを差して全体の印象を引き締めている点。これみよがしな感じがせず、全体に統一感があります。ひっつめ髪も清潔感があって好印象ですね。マニッシュなようで女性にしかできないスタイルです。

ライダースジャケットなどの辛口アイテムをオンしてマニッシュな旬額に

辛口なアイテム、なかでも流行しているライダースジャケットを羽織るだけで、チェックシャツがたちまちオシャレなアイテムに見えてきます。スキニーデニムとキャンバススニーカーという純カジュアルなコーデも、パンツの丈を短くしたり、プレッピー風のソックスを合わせるなどして、女子っぽさを加味してあげるとよいでしょう。足元はヒールでも素敵だと思います。
シャツの裾はボトムのなかにタックインしたほうが、だんぜん新鮮味が。あえてベルトをしないのがロックっぽくて◎ マニッシュな雰囲気ながら、決して男子ではないスタイルです。

ロングカーデでつくる90年代グランジ風のミニマムスタイル

oyaakqgi8io7aolkxbel

チェックシャツにミニマムな印象のモヘアロングカーデを合わせるとどこかグランジぽっい印象に。ディープグリーンやチャコールといったダークカラーなら、チェックシャツの色を選びません。丈が短めの細身ボトムを合わせるのが「今」な気分。白いレザースニーカーの足元も、なかなか上品なカジュアルバランスです。

ロックテイストもマニッシュコーデも、すべては女性らしくあるために

チェックシャツをハンサムに着こなす、ボトムにパンツを合わせるマニッシュなコーデをご紹介してきました。ロックテイストといっても、全身ロックというわけじゃなく、アイテム使いやちょっとした着こなしの一工夫ですから、きっといろんなスタイルに応用できるはずです。またマニッシュな雰囲気も、ここというポイントを決めて、かかとのあるシューズを合わせたり、胸元や足首の肌をすこし見せたりすることで、女性らしさを演出するための材料となります。

気軽に着られて季節感も出せるネルシャツやチェックシャツを使った女性ならではのコーデ。ぜひ楽しんでみてください。

The following two tabs change content below.