あなたはどこに取り入れる? 冬のポイントカラーは赤がトレンド♡

おしゃれ感度の高い着こなしととして、夏からジワジワと増えているのが、ポイントに赤を取り入れた「1点レッドコーデ」。この冬は、インパクトカラーとしての赤だけではなく、ボルドーやバーガンディなどの深みのある赤も人気です。
どのぐらいのトーンの赤を使うか、どこに取り入れるか、どんな素材感かで難易度が変わってきます。 赤のアイテムを試したことがない人も、難易度の低いものからチャレンジしてみてください。

シューズやソックスで赤を。足元の赤ならコーディネートに影響しにくい

ulnivxiioanfgvd7j9ok

足元の赤なら初心者にも難易度が低いので、すぐにでも1点レッドコーデが実現できます。全体のコーディネートはそのままに、簡単に赤を取り入れることができますよ♪
シューズを赤に変えるだけで足元が主役になり、新鮮で軽やかな印象に。ソックスの赤ならお金をかけず気軽にチャレンジできるので、最初にチャレンジする赤としても最適。
暗めなトーンが多くなる冬だからこそ、1点レッドの存在感が映えます。1点レッド以外のパーツは、ベーシックな色をチョイスするのが成功のカギです。

赤の割合が多いのに難易度は低め! 人気のチェックのストールも赤がイチオシ

チェックのストールは秋冬の人気アイテム。この冬1枚だけ買うならチェックも赤がイチオシです。
ストールは色の割合が大きくなるものの、動きのあるアイテムなので、案外抵抗なく取り入れることができます。また、赤がベースのチェックは若々しい印象が強すぎて、シャツなどのアイテムだとアラフォーには少し抵抗があるかもしれませんが、ストールならそんな心配も必要なし。赤は肌を白く見せてくれるので、大人女子にもぜひ試して欲しいアイテムです。
スナップのように肩にかけたり首に巻いたりと、赤の存在感を自在に変化させられるアイテムなので、ひとつで何通りもの1点レッドコーデを楽しむことができますよ。

トップスやボトムスの赤は、素材やラインがやわらかなものを選ぶ

印象が強い赤は、素材感やラインによってイメージが違います。やわらかな素材感やラインのものは、インパクトが強すぎないので比較的取り入れるのが簡単です。
冬ならば、トップスはニットがベストチョイス。ボトムスに1点レッドを選ぶなら、ラインがきれいなスカートをセレクトしてみましょう。下のスナップは明るい赤のスカートですが、丈の長いスカートをチョイスしたいなら、暗めの赤でやわらかい素材のものを。大人っぽい印象になり、大人世代も失敗せずスカートに赤を取り入れられます。

帽子やバッグも赤が注目! トレンドカラーのベージュやキャメルとも相性バツグン

帽子の赤は難易度が高いのですが、カジュアルなニット帽なら比較的チャレンジしやすいかもしれません。難しいアイテムだけに、自分のものにできれば「おしゃれ偏差値」の高さを見せることができます。
それに対してバッグの赤は、シューズと同様に試しやすいアイテムです。スナップではシューズのヒールやトリミングにも赤を取り入れて、統一感を出しています。
今季人気の高いキャメルやベージュのアイテムと赤は相性がバツグン。品良く優しい印象に適度なアクセントが生まれます。

 

The following two tabs change content below.

mika

ファッション誌の編集を経て、フリーのライターとして独立。 結婚後はアンティーク着物などに興味を持ち、着付け講師の免状を取得。 ファッションも生活雑貨も触れてトキメクものに惹かれます。