色彩心理学でなりたい自分になる!『レッド』でいつもよりポジティブに♪

毎日、何気なく選んでいる色にはイメージや感情があるのはご存じですか? これを論理的にまとめたのが色彩心理学です。
毎年発表される流行色には、これを根拠に社会意識や景気まで左右されているんです。
この色彩心理学、活用しない手はありません!
色は自律神経にも作用します。レッドは交感神経を優位にして、活動的にしてくれます。ポジティブになって、勝負に出ましょう♪

今日の私は一歩前へ♡ 『レッド』でプレゼンテーションもうまくいく♪


レッドはアクティヴ、情熱、ポジティヴな感情を呼び起こします。
キャリアウーマンの貴女なら企画会議でのプレゼンテーションやクライアントとの交渉など大事な日はレッドがおすすめ!
レッドのコートがあなたに自信をつけてくれます♪

デートで決める♡『レッド』系ニットで勝負に出よう


ワインレッドのセットアップで女度をアップさせましょう。
ベージュのトリミングが上品なニットにはブラックのタイトスカートが好相性です。
大事なデートで決めるのならワインレッドをセレクト。
レッド系は情熱をイメージします。また女性をセクシーかつ上品できれいに見せてくれます。恋の成就も近いかも知れませんね♪

ファッション小物で『レッド』を取り入れてポジティヴな自分になる♪

レッド系のファッションが苦手な方は小物でトライしてみては?
バッグやパンプスなら取り入れやすいと思います。
モノトーンコーデの差し色になっておしゃれも格上げできます。
スナップのような、きれいめカジュアルならオンオフともに活躍しますね。

フリータイムも『レッド』でポジティヴ意識を高めよう♪


レッド系のトップスはボトムにブラックやホワイト、ジーンズとなら合わせやすいですね。ファッションを楽しみながらオフタイムもポジティヴな自分。
考え方も生き方も前向きな自分が好き♡ が良いですね。

いかがでしたか?
ファッションのカラーは自分はもちろん、相手にも影響を与えます。
色を楽しみながらも味方につけたいですね。ぜひ試してみてください♪

The following two tabs change content below.

ロザリンダ

美大デザイン科を卒業後、アパレルデザイナー、ファッションプランナーとして15年勤める。また一方アロマテラピーに興味を持ちアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を取得。その後、心と体の健康や美容についての講座を開き講師として10年ほど活動しています。 現在アパレルデザイナーとアロマテラピー講師の経験を活かしてファッション記事のキュレーターと美容・健康記事のライターをしています。