あえて脱・モード♪ 流されないコンサバ系も着こなせるための基本ハウツー

今回はおしゃれが大好きなオトナ女子に贈る、「コンサバ系」ハウツーをご紹介いたします! 最近、モードな「こなれカジュアル」に飽きてきていませんか?
ファッションの引き出しを増やして、さらに「自由」に「自分らしく」おしゃれが楽しみましょう♪

コンサバ系の王道「ノーカラーのアウター」

「コンサバ」の定義は簡単に表現すると「保守的でエレガント」な服装です。「アバンギャルド」が対義語になり、真逆の服装といえば「モード」や「カジュアル」といった方が想像しやすいかもしれません。
トレンドを取り入れながら進化する近年の「コンサバ」。コンサバ感を楽しむなら“えり”のないデザイン「ノーカラーのアウター」は欠かせません♡ とくにモデルさんのような「ツイード素材」のジャケットがおすすめ。

きちんと感をキュートに着こなす「ワンピース」

「女の子らしくて、上品」という印象の“現代のコンサバ系”の中には、2000年以降「セクシーさ」もプラスされた「お姉系」と呼ばれるジャンルも登場しています。
本来、式典などで着るような「保守的なワンピース」から進化した「コンサバ系ワンピース」は、モデルさんのようにミニ丈でキュートな印象に♪

「ふんわりスカート」は女の子の特権♡

“現代のコンサバ系”には「女性らしい美しさを強調するファッション」をさす意味合いが含まれます。お姫さまのような「ふんわりスカート」は、その代表的なアイテムの一つです。
一見幼くなりそうなアイテムですが、モデルさんが着ているような素材に「ハリ感」のあるスカートなら“大人の上品さ”も演出できコーディネートで重宝します♪

さらりと「コンサバ風カジュアル」を楽しむなら「プリントスカート」

“大人の上品さ”と“着心地の良さ”をかねそなえたアイテム「プリントスカート」♪ シックな柄をチョイスして、丸首の女性らしいシルエットのトップスと組み合わせると「コンサバテイスト」なコーデが完成します。
さらにモデルさんは「カジュアルなバッグ」を組み合わせることで、ライトな“コンサバコーデ”に仕上がってします。オフィスや保護者会など「くだけ過ぎないカジュアル」が求められる場所に行くとき、着こなせたらすてきですね♪

The following two tabs change content below.

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。