ニットのお手入れは大丈夫? 長持ちさせるための秘訣♡

日本各地、これからまだまだ寒くなりそうですね!
そんな時に大活躍しちゃうあったかアイテムのニット。みなさんはちゃんとお手入れしていますか?
そろそろ着用ダメージが蓄積してくる時期です。ニットはこまめなお手入れが長持ちの秘訣!
この機会に一度、メンテナンスをしてみてはいかがでしょうか?

nitto

まずは普段のお洗濯から!

お洗濯の際は、 ”洗濯絵表示” をチェックしてお家で洗濯ができるか確認します。
カシミヤやアンゴラは洗濯絵表示で洗濯できない場合は迷わずクリーニング店へもっていきましょう!
ウールよりも縮みやすいものや型崩れしやすいものが多いのでご注意ください。

さて、ご自宅でのお洗濯が可能な場合、まずは手洗いがオススメです。が、「そんな時間作れない!」という方のほうが多いのではないでしょうか?
そんな時のお洗濯のポイントは2つ!

・中性洗剤と柔軟剤を使う
・ネットに入れるときは小さめのネットに入れる

この2点です!
まずは中性洗剤です! 通常の洗剤ではウールの風合いが粗くなってしまったり、ごわついてしまったりしてしまうので、ここは中性洗剤を使用するのがオススメです。
中性洗剤の中でも ”毛玉防止” の効果がついているものがベストですね♪

そして、ニットのお洗濯で忘れてはならないのが ”柔軟剤” です。
ふわふわになるイメージの柔軟剤ですが、ウール素材の弾力性(つまりふわふわ感)を回復させてくれるので、特にウールが入ったニットにはマストアイテムです♪

また、小さめのネットに入れることでお洗濯中の摩擦でできてしまう毛玉を少なくする効果があります!
小さくなくとも、ネットに入れるだけでも毛玉を少なくする効果や型崩れの防止につながるので、ぜひお試しください!

干し方にもひと工夫を♪

よく ”陰干し、平干し” と指示があることがありますよね?
陰干しは部屋干しでほとんどが解決できますが、問題は ”平干し” です。
そんな時に役に立つのが、”ハンガー3本使い”!

1本目のハンガーは首から出します。
2本目のハンガーには前身ごろ側に少し距離を開けて引っ掛け、両袖を2本目のハンガーにかけます。
3本目のハンガーでニットのウエスト部分から袖の反対側に向けてハンガーにかけます。

横から見てM字になっていたら完成です!
ニットの型崩れの原因は、洗濯機の中でほかの洗濯物と絡んだ場合とニットを普通に干してしまった場合がほとんど、と言われています。
ニットは吊り干ししまうと水分の重みで伸びてしまうのです!
小さな気づかいでニットの寿命はしっかりのびるので、お気に入りのニットはひと手間加えてみましょう♪

もちろん毛玉対策もしっかりと!

毛玉取りにオススメなのはやはり、 ”毛玉取り専用ブラシ” です!
毛玉取り器もいいのですが、高性能を求めると価格も高くなるのが毛玉取り器のネックですよね。
未使用のナイロンスポンジでも対応が可能ですが、毛足の長いニットにはなかなか使いづらいものです。
毛玉取り専用ブラシは安いものは100均からお探しいただけますのでぜひ気になった方はお探しになってみてください♪
「そんな暇がない!」という方はクリーニング店に頼んでしまうのもありです。
毛玉取りを行っていない店舗や、サービスを行っていても有料な場合や、無料の場合があったりと、お店によってサービスにばらつきがあるので、事前に一度確認をしておくのがオススメです♪

The following two tabs change content below.

madoka HighBridge

19歳から24歳まで、ショップ販売員勤務。現在は専門学校にてファッションビジネスを非常勤講師として活動しています。