産後も着られるマタニティファッション♪ 赤ちゃんにもお財布にも優しい服選び

妊娠おめでとうございます! とはいえ、不安と体の変化に、毎日“こころ”も“からだ”もたいへんな妊婦さん。少しでもストレスを解消して過ごしたいですよね♪
今までしてきた“おしゃれの方法”も通用しなくなるこの時期、何を着たらよいのか誰もが解らなくなります。そこで“解決方法の1つ”としておすすめしたいのが「産後も着れるオシャレなアイテム」です♪
今回はたくさんある「産後も着れる妊娠中の服選び」の中から一部をご紹介いたします。
あなたの心地よくなれそうな服が見つかったら、是非今しかない“体のシルエット”を楽しんで着こなしてください♪

ニットワンピなら“暖か”&“伸びてゆったり”赤ちゃんにも安心

冬はもちろん、肌寒い時期には「ニット素材」のワンピースが楽チン。人によってお腹の大きさは違いますが、ある程度大きくなっても伸縮性があるニットなら、安心して着こなせます。
モデルさんのように、ブーツで足首を温めると、さらに赤ちゃんに優しいファッションですね♡

ガウチョパンツならトレンド感も楽しめて気分転換に♪

マタニティパンツはデザインが限られているため、おしゃれ女子にはストレスですよね。
そこで「カット素材」の伸縮するパンツなら、妊娠中に着れる“マタニティ用ではないパンツ”も見つかります!
モデルさんのように、流行の「ガウチョパンツ」や「ワンドパンツ」を取り入れて、トレンド感も楽しめて、ストレス発散になりそうですね♡

シンプルな「ロング丈のワンピース」は使えるアイテム

パジャマぐらい着心地のよい「ロングワンピース」は、なかなかの優秀アイテム。妊娠中、寒い時期は、タイツや腹巻と着こなし、夏は一枚で涼しく楽しめます。何よりお腹を締め付けないことが嬉しいですよね♪
お腹を手術する出産になったときにも、傷口にやさしいので産後に大活躍します。おっぱいをあげやすいように「前開きボタン」のデザインが特におすすめです。

妊娠中の結婚式もおしゃれにゲストドレスを楽しめます♪

マタニティ用のドレスもありますが、デザインによってはマタニティ専用ではなくてもすてきに着れるドレスもあります。
おすすめはモデルさんのように、ゆったりとしているけど「ギャザー」の美しさでお腹が目立たないデザイン。ドレスはなかなか大きな出費ですが、産後も着れたら嬉しいですよね♪
お腹が前に大きく出てきた方は、着た時にスカート丈がかなり短くなってしまうので、そこだけ気を付けてチョイスしましょう。

 

The following two tabs change content below.

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。