大きなお尻をどうにかしたい! 今すぐできる“下半身コンプレックス”克服テクニック♡

おしゃれな服を着てみたいけれど、大きなお尻が気になってあきらめていませんか?
そこで今回は、気になるお尻をうまくカバーしつつ、おしゃれに見栄えする着痩せテクニックをご紹介します♪
今すぐ試せる簡単なテクニックばかりなので、コンプレックスをうまくカバーして、おしゃれを楽しんでくださいね♡

シャツを腰巻きすれば、ピッタリスキニーやショート丈アウターもお尻を気にせず着こなせます♡

ショート丈のアウターや、ピッタリしたスキニーパンツを合わせたコーデをしてみたいけれど、お尻まわりが気になってトライできない……。そんな人は、腰にシャツを巻いてみましょう。シャツでお尻を隠せるうえに、ウエストにメリハリも生まれます。これなら簡単なので、今すぐまねできますね♡
モデルさんのようにレザージャケットとパーカーを重ね着すれば奥行きが生まれこなれて見えます。トップスにボリュームも出るので、下半身が目立ちません。
明るい色のトップスを合わせば目線もあがって、さらにスタイルよく見栄えしますよ♪

鮮やかな色や明るい色のロング丈アウターを選べば、アウターに目が向きお尻の存在感を薄めてくれます♡

トレンドのロング丈アウターも、お尻カバーに一役買ってくれます。羽織るだけでもお尻が隠れるのでそれだけでも十分ですが、さらにお尻の存在感を消したいなら、明るい色や鮮やかな色のアウターを選びましょう。
中のコーデを暗い色でまとめれば、明るいアウターに自然と目が向きます。モデルさんのように上下黒でまとめれば、縦ラインを強調できるのでスタイルアップも期待できます。
足首はチラリと肌見せで抜け感を出し、ワンランアップの着こなしに格上げしましょう♪

厚みやハリのあるしっかり素材のスカートを選べば、お尻のライン抑えてカバーできます♪

お尻をカバーできるスカートを選ぶなら、厚みのあるものや、しっかりハリのある素材の生地を選び、お尻のラインを出さないようにしましょう。デニム素材なら、季節を問わずオールシーズン使えますね。
モデルさんのようなサロペットタイプなら、ウエストラインが高く見えたり、肩紐で縦ラインを出してくれるのでスタイルよく見栄えします。ショートスカートも、デニムならヘルシーな肌見せが叶います。
タイトなデザインよりも、台形スカートのような裾が広がったデザインを選べば、足との隙間が出るので太ももが細く見せられますよ♡

テーパードパンツはお尻まわりはゆったり、裾は絞ったデザインなので下半身全体をカバーしてくれます♡

パンツもスカートも、基本トップスは後ろ下がりのものを選べばお尻をカバーできます。さらに前だけウエストインすると、お腹までカバーできこなれ度もアップ!足も長く見えますね♪
テーパードパンツは、ヒップまわりがゆったりしていて裾は絞ったデザインなので、お尻が気になる人にピッタリ♪ まさにワイドパンツとスキニーパンツのいいとこ取りです。流行りに左右されないベーシックアイテムなので、1本持っていると重宝しますよ♡
モデルさんのように柄ものストールを羽織れば、逆三角形ラインが作れ、目線も上にあがりお尻から目線をハズせます。お手軽テクニックなので、さっそく明日から真似してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

しずるん

10年以上アパレルのネット通販会社に勤めていました。昔から服が大好きで、色々な雑誌でトレンドをチェックしています。 CUBKIライターとして成長を重ねながら自分の経験や持っている情報を皆さんに楽しくお伝えできるようにがんばります(^O^)/ よろしくお願いします♡