マストアイテム「ベーシックカーディガン」の野暮ったくならない着こなし術♪

季節を問わず、クローゼットに準備しておきたい「ベーシック」なカーディガン。
これからの季節なら、日よけやクーラー対策などに便利ですよね。
時代を超えて愛されているアイテムですが、定番ゆえに、着こなし次第では、ちょっと野暮ったくなってしまうこともあります。
今回は、そんな真面目顔の”カーディガン”を今っぽく、オシャレに着こなす技をご紹介します。

真面目になりすぎる黒の「カーディガン」は大胆柄アイテムを合わせると◎

着回し力のあるといわれる「黒」のカーディガン。
でも、手持ちの服と合わせてみると地味になりすぎるという方も多いのでは?
シンプルすぎるアイテムなので、合わせるボトムスはシンプルなものより、主張のあるデザインが◎。
派手さを上手に引き算できるので、印象深いアイテムも毎日コーデに馴染ませられます。
もし、黒のカーディガンにシンプルなボトムスを合わせる場合は、小物で遊び心をプラスしたり、インナーに白Tを仕込んで、コントラストをつけるなど、着こなしにひと工夫加えましょう!

ボタンは締めずに、ラフに着る!! 抜け感を盛り込んだシンプルコーデ

カーディガンは、ボタンを全部留めると、”きちんと”した雰囲気が強調されます。
なので、あえてボタンを締めずにスタイリングすることで、グッとラフな印象に♪
簡単にこなれて見えるので、いつものコーデも、オシャレにクラスアップ!
この際、カーディガン・インナー・ボトムのカラーがちぐはぐだと、一気にオシャレ度が下がってしまします。
なので、カラーは2色以内にまとめる、あるいは同系色でまとめるなど、色が散らからないようにしましょう。

真夏もOK! 「カーデ」の肩掛けは今年も◎

去年も大人気だった「カーデ」の肩掛けは、今季も使えます!
シンプルコーデに立体感がでるので、アイテム数が少なくなる夏には便利なテクニックです。
モデルさんのような、ボーダー柄のカーディガンも素敵ですし、ブルーやピンクなど、差し色になるキレイ色をセレクトしてもいいですね。

カーデが主役!? 派手カラーはトーンを揃えた着こなしでオシャレ上級者も仲間入り

差し色として使いがちなラズベリー色のカーディガンに、あえて同系色のピンクのワンピースを合わせた上級者コーデです。
全体のトーンが揃っているので、まとまりよく仕上がっています。
ベージュや、グレーなどのワントーンコーデに飽きた方は、ピンクやブルーなど、派手めカラーのワントーンスタイルに挑戦してみませんか?

 

The following two tabs change content below.
AYA

AYA

祖母は和裁士、母は洋裁士という手芸大好き一家で育つ。 小さい頃からファッション雑誌が大好きで、現在でも数多のファッション誌を読み漁る毎日。 アパレル店員を経て、結婚・出産。 現在は、二児の子育てに奮闘しながら、Webライターとして活動中!