「涼しさと体型カバーを両立したい!」を叶えます♪ “タンクトップ” の着やせ効果アップなコーデ術!

何かと露出が多くなる夏。特に気温が上昇すると予想されている今年の夏は、今から涼感スタイルで対策しておくのがおすすめ。
そこで今年はぜひ“タンクトップ”にチャレンジしてみませんか? 思いっきり足を肌見せするよりも、簡単に大人っぽいコーデがつくれるタンクトップ。トップスのシルエットにこだわったり、ジレやカーディガンを重ね着したりと、少し工夫するだけで着やせ効果を簡単にアップすることができるんです!
二の腕見せに抵抗がある方も、テクニック盛りだくさんのコーディネートを参考にすればタンクトップにチャレンジしてみたくなること間違いなし♪
今回は“涼感アップ! タンクトップの着やせコーデ術”を、4つご紹介します。

ロングジレで引きしめ&スタイルアップ! 大人のモードカジュアルスタイル♪

白のタンクトップTシャツにボーイフレンドデニムを合わせて、ブラックのロングジレを羽織った、モードカジュアルスタイル。
「ブラックのロングジレで引きしめつつ縦長のIラインを演出」すれば、着やせ効果もグンとアップ!
肩幅をおしゃれにカバーして、華奢感もアップしますよ♪
ロング丈の羽織りにゆったりボトムを合わせる“ゆるずる”が、今年らしいスタイル。
ぺたんこシューズでゆるずるコーデをつくるときは、「トップスをウエストINして足長効果を演出する」のがスタイルアップコーデのポイント◎ 背の低い方には特におすすめのテクニックです。きっちりではなく少しラフにINする方が“こなれ感”がアップ!
キャンパストートでカジュアルに仕上げているのも◎ レースアップのサンダルに合わせて、フリンジバッグでちょっぴりボヘミアンなムードをプラスしても◎
白×ブルーデニムの定番涼感コーディネートをブラックのロングジレでモードに味つけした、お手本コーディネートです。

スクエアシルエットで気になる肩幅をカバー◎ 鮮やかなロングスカートのセレブ風スタイル♪

ベージュのノースリーブTシャツに鮮やかなパープルのマキシスカートを合わせた、セレブ風スタイル。
Tシャツは、「ワイドなスクエアシルエットが肩幅を華奢に」見せてくれますよ。ヌーディーなベージュも、視覚効果で腕との境目をわかりにくくするので、気になる二の腕もカバー♪
鮮やかなパープルカラーで目線をスカートに集めているのも◎ ドレープの美しいボリューム感のあるマキシスカートが、エレガントな雰囲気をプラスしていますね。
コーディネートにマッチするキャメルカラーのバッグで、スカートを引き立てているのも◎
アイテムのシルエットとカラーコーデでワンランク上のおしゃれを実現した、セレブ風上級コーディネートです。

カーディガンの肩掛けで“こなれ感”アップ&肌見せをカバー♪ トレンド感ただようコンサバスタイル♪

テラコッタカラーの膝下丈ワンピースにブラックのカーディガンを肩掛けにした、コンサバスタイル。
「ブラックで引きしめながら、わかりやすくすっぽりの腕をおおってしまう」着やせコーディネート。肩にかけているだけなので風通しがよくて涼しく、“こなれ感”もアップ! 夏のUVや冷房対策も簡単にできるおすすめのコーデ術です。
今季トレンドのテラコッタカラーは、女性らしい華やかさと大人っぽい落ち着きを両方演出できるのが嬉しいポイント◎
ヌーディーカラーのサンダルで、足長効果も抜群です!
バンダナをポイントにしたかごバッグで夏らしい季節感も演出した、トレンドスタイルです。

ゆったりなストライプシャツでおしゃれに着やせ♪ 爽やかなきれいめカジュアルスタイル

ストライプ柄のビッグシルエットシャツにワイドデニムを合わせた、爽やかコーディネート。
シャツのゆったりしたシルエットで華奢感がアップ! ストライプ柄が着やせ効果も演出してくれますよ♪
ロングパンツにサンダルではなくスニーカーを合わせて腕以外を徹底的にかくすことで、「唯一の肌見せ箇所の腕をすっきりと見せる効果」も◎ ひかえめな肌見せは大人女子にもおすすめですよ。
オールブルーのグラデーションスタイルが、夏らしい涼感を演出していますね。
軽やかなホワイトのスニーカーもベストマッチ!
前中心だけを無造作にウエストINして“こなれ感”と足長効果もアップさせた、ぜひ参考にしたいきれいめカジュアルスタイルです。

The following two tabs change content below.

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。