秋冬のシャツワンピースはどうやって着る? こなれた大人の鉄板コーデ

秋に“着回し抜群”なワンピースといえば「シャツ型」のデザインです!薄着だった夏と違い、気温に合わせてレイヤードスタイルが作りやすい“前開き”が、季節変わりに重宝します。
今回はそんな秋に欠かせないアイテム「シャツワンピース」で、こなれたコーデを作る方法をご紹介いたします。
今から欲しい人はもちろん、買ってみたけれどかっこよく着こなせないと思っている方も必見♪野暮ったくならないポイントも合わせて解説いたします。

一枚でさらりとかっこいい女っぽワンピース


今年の秋に、大人の女性の“かっこよさ”と“しなやかさ”を兼ね備えた一着として注目のデザインは「女っぽワンピース」!一枚でサラリと着こなす様は、無駄がなく美しいですね♪
肌寒くなったら、ロングカーディガンやざっくりしたプルオーバーニットを重ねても素敵です。冬になれば、ロング丈のトレンチコートやウールコートと相性が良いアイテム♡
今年らしい「女っぽ」らしさを出すポイントは、とろみ感のある素材や、ハリ感ある素材で作られたシャツワンピースチョイスしましょう。さらに着こなす際、袖を折ってめくるなどして7分丈程度の長さに調整すると“垢抜けた”印象になりやすいですよ♪

女っぽワンピースで作るレイヤードスタイル

前で解説させていただいたような「女っぽワンピース」で“レイヤードスタイル”も作れます。
モデルさんは“デニムパンツ”や“ボーダーカットソー”のカジュアルアイテムをミックス。このような垢抜けたレイヤードスタイルを作るには、バランス感が大切。足元にパンプスを投入したり、華奢なアクセサリーを付けたりして“レディ感”と“カジュアル”のバランスを取りながらコーデをまとめましょう。

デニムワンピースで作る垢抜けレイヤードスタイル

「デニムシャツワンピース」は、アウトドアなイメージさえあるカジュアル感が強いアイテム。簡単に着こなせそうと思って買ってはみたものの、野暮ったくなってしまい“タンスの肥やし”になっている人が意外と多いんです!
一枚着として凝ったデザインのあるもの以外は、レイヤードスタイルでニュアンスを出して着こなすのがベター!こなれ感がコーデ次第で、大幅にアップします♪
モデルさんのように“袖のロールアップ”と“首もとから覗くインナー”で、まずはセンスアップ。そこでチラリと見えるインナーやスパッツは、落ち着いた色目をチョイスすると洗練された印象になります。それから“バッグや靴などの小物使い”で、個性やトレンド感をプラスしていくと成功しやすいですよ♪

羽織りものとして使うデニムワンピース

デニムシャツワンピースは、カーディガンのようにアウターとして着回すことができます。垢抜けるポイントは、インナーのコーデを“モード”に仕上げるようにするとスタイリッシュにキマります。たとえばモデルさんのように“ワントーン”でまとめたり、“タックパンツやローファーなどでマニッシュな着こなし”にしたり。デニムシャツワンピースの“カジュアル感を引き算しましょう。
着こなしに慣れてきたら、ストリートカジュアルなコーデに羽織ったりと難度を上げていくと成功しやすいですよ♪

 

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。