バッグの色選びに迷ったら、この3つに頼れば大丈夫!

バッグの選び方は、簡単なようで難しいもの。いつも出がけに「ああでもないこうでもない」と、あれこれ迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、持っていると便利なバッグの色を3つピックアップしました。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

コーディネートに彩りをそえてくれる、”差し色バッグ”

v7tvmp5og7yz4hccqmcf

ac7fckw7wffs7e2p8us1

鮮やかなブルーやレッド、オレンジ、イエローなど、明るい色のバッグは、ちょっと色がなくてさみしいかも、と思うようなコーディネートに彩りをそえてくれるのでとっても便利! 色選びに迷ったら、とにかく自分の好きな色を選んでおきましょう。好みの色なら、気分まであげてくれること間違いなしです!
カラーバッグ初心者の場合は、ボルドーなどの落ち着いた色合いの物にすると挑戦しやすいです。
カラーバッグは持っているだけでコーデの鮮度をあげてくれるアイテムです。お好みに合わせてひとつ押さえておくと便利ですよ♪

クラス感をググッとアップしてくれる、”ホワイトバッグ”

h8qln0b8myukthm0bo84

fea6w8twtnjel9mjgfff

ついついブラックやブラウンのバッグを合わせがちなら、”ホワイト”をあえて選んでみて下さい! ホワイトならではの明るい質感が、ファッション全体のクラス感をアップしてくれますよ。筆者も長年、細長いボストンタイプのホワイトバッグを使っていますが、Tシャツからコートにまで合うオールシーズン活躍するスグレモノです。ホワイトバッグなら、スカーフやチャームなど、小物をつけても映えます。
重ためのカラーのコーデのときにも、程よく抜け感が出るのでおすすめです。
汚れやすいのが気になる方は、プチプラで購入すれば気兼ねなく使えますよ♪<

おしゃれ上手に見せてくれる、”柄バッグ”

fyxdbhqicre8c63jv8gn

pvfmbgeebpatormo1u6f

流行している柄は、服では取り入れにくくても、バッグなら簡単! しかも持つだけでおしゃれ上手に見せてくれるんです。今年ならスナップのようなフォークロア調やカモフラ柄がおすすめですよ♪
洋服で取り入れづらいレオパード柄も、バッグなら抵抗なく使えますよね。
あまりにも派手なものが苦手な方は、ロゴが入っているだけでも無地のバッグとは違う印象になります。

シンプルな服装のときほど、柄ものバッグが活躍しますよ♪

ここまで「頼れる3色」をご紹介しました。

バッグ選びに慣れてきたら、デザインや素材にも注目してみてくださいね。ここからは次のステップにぴったりな「番外編」をご紹介します。

【番外編:1】シンプルなのにおしゃれ度が上がる、”バイカラーバッグ”

「おしゃれに見られたいけど悪目立ちはしたくない……」という人にはバイカラーバッグがおすすめ。バイカラーとは、一つのアイテムの中に二つの色を組み合わせたデザインを指します。

2色を使うことでインパクトを与えながら、柄バッグほど派手に見えないのが特徴。シンプルな見た目でいろんなスタイリングに合わせやすいのもポイントです♪

【番外編:2】個性的な表情が作れる、”メタリックバッグ”

個性的なバッグをお探しならメタリックカラーがイチオシ! 存在感バツグンの色味を取り入れて、周りに差のつくおしゃれを楽しみましょう。

なかでもグリーンやシルバーは落ち着き感があり、個性的なアイテムでも子どもっぽく見えません。光沢感が程よいアクセントになるため、着こなしに物足りなさを感じるときにもぴったりです。

【番外編:3】春夏コーデに合わせたい、”クリアバッグ”

クリアカラーのバッグは春夏コーデの大本命♡ 一点投入するだけでシーズンムードあふれる着こなしが完成します。

季節感だけでなく抜け感ももたらしてくれるため、スタイリングをこなれた雰囲気にシフトできますよ。持ち手がキャンバス地のものはカジュアルに、バンブー素材のものはきれいめに使えます♪

【番外編:4】オンにもオフにも使える、”ブラックバッグ”

最後に「やっぱりバッグが一つに絞れない……」そんな方への究極をご紹介します。

ベーシックなブラックのバッグは合わせやすさNo. 1! 着こなしを問わず使えるため、通勤コーデにも休日スタイルにも活躍してくれます。

合わせる服のカラーにも悩みにくく、どんなスタイリングにも馴染みますよ。バッグ選びに困ったとき用に一つは押さえておくのがおすすめです。

2015年7月30日 公開
2017年2月10日 mamiko 更新
2021年7月13日 山本茉莉 更新


「バッグ」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

kumakohaha

外資系化粧品メーカーでの勤務を通じて、ファッションやビューティーについて学んできました。その時の経験を生かし、大人のためのセレクトショップ、"aro-di-lusso(アロディルッソ)"の企画・運営をしています。 小1男子と幼稚園女子の子育てに忙しい毎日。けれども「ラクなものに流されず、女らしさを大切に」をモットーに、カジュアルからビジネスまで幅広く着こなすのが目標です! アロマオイルやオーガニックコスメ等の通販ショップ:aro-di-lusso(アロディルッソ)