アラフォーの方がTシャツを着るときに気をつけてほしいポイント

40歳を過ぎる頃になると、今まで着ていたお洋服が似合わなくなってくることがあります。肌が衰えたり、体型が崩れてくるという外見の変化ももちろんありますが、ある程度長く生きてきたことの貫禄というか、経験のようなものが表に出てきて、全体の雰囲気が変化してくるということなのではないかと感じています。
筆者自身もアラフォーを過ぎた年齢になり、特に夏のTシャツの着こなしが難しい、と感じることが増えてきました。Tシャツを着ていると、老けて見えたり、チープに見えやすくなってきたのです。
Tシャツというアイテムをこのくらいの年齢の方が着るときは、何に気をつければいいのでしょうか。

開きすぎないネックライン&長め袖のTシャツをセレクト

アラフォーの方が着るTシャツでおすすめなのは、”ネックラインがあまり開いてなくて袖が長めのもの”です。
襟ぐりが広く開いているとちょっとルーズな印象になり、それがアラフォーの方を老けて見せてしまうことがあります。さらに40歳ごろになると、二の腕のたるみがどうしても気になるものです。半袖でも少し長め丈だと二の腕カバーになり、安心して着られますね。

ダークなカラーのTシャツ&発色のいいアイテム

黒のTシャツも便利です。白など薄いカラーのTシャツは、品質がよくないとチープに見えがちですが、黒やチャコールグレーのような濃いカラーのTシャツはあまり安っぽく見えない上に、落ち着きがあります。
アラフォーの方の場合、顔周りが黒一色だと少し寂しい印象になりがちに。
こちらのスナップのように、発色のいいネイビーなどのアイテムをトップスにプラスすると、見た目のニュアンスがよくなります。

Tシャツ&ロングジレの着こなし

Tシャツにジレを重ね着するのもおすすめです。
ロング丈のジレは体型カバーにもなり、アラフォーの方に便利なアイテムです。
こちらのスナップのような柔らかいニット素材のジレの場合、ジーンズと合わせるとラフすぎる印象になるので、質の良いバッグや靴を合わせて、コーディネートがゆるくなるのを引き締めましょう。

Tシャツ&ロングカーディガンの着こなし

ロング丈のカーディガンも、アラフォーの方のTシャツコーデに便利です。
ボトムはこちらのスナップのようなスキニージーンズよりも、細めのタックパンツやクロップドパンツのほうが、アラフォーの方にはおすすめです。

カラフルなTシャツや大きなロゴプリントのTシャツは、”元気で若いアメリカンカジュアル”なイメージがあるので、アラフォーの方が着ると若作り感が出てしまうことも。
アラフォーの方がTシャツを着る場合、白やネイビー、黒やグレーなどベーシックなカラーの方がしっくりくると思います。地味なカラーで顔周りが寂しいと感じる場合は、差し色のアクセサリーなどをプラスしましょう。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。