暖かいのに”抜け感”もある!! 「あったか&こなれ冬コーデ」18選

最終更新日: 2017/07/18 by watabe

近頃のオシャレコーデに欠かせない要素といえば、「抜け感」です。
きちっと真面目に着るのではなく、どこか”崩し”を入れるスタイリング術はこの秋冬もマスト!
簡単なところでは、3首見せといって首・手首・足首を見せることで着こなしに抜け感が生まれます。
といっても、これから季節は冬。オシャレも大切ですが、暖かさをキープすることが最重要課題です。
袖まくりをすれば着こなしに軽さが出ることはわかっていても、とてもできません!
そこで今回は、暖かさをキープしながらも”抜け感”を作るコーデテクをレクチャーいたします。
オシャレもあったかさもどちらも叶えて、冬の毎日をもっと楽しく♪

まずは”白”の力を借りて軽さをON!

ダークトーンが多くなる冬に、ひと際映える”ホワイト”。
コーデの随所に配すれば、たちまち「抜け感」が生まれます!
白シャツを襟から覗かせたり、思い切ってホワイトのアウターを羽織ってもグッド♪
地味色配色が多くなる寒い季節、ホワイトの力を借りれば簡単にこなれコーデの完成です。

エアリーな素材感で”抜け感”を。もちろんインナーはしっかり着込んで!

ウールやニットなど、ほっこり暖かい素材は冬の寒さの強い味方です。
でも、重たい印象を与える素材でもあります。
コーデに抜け感をプラスするなら、エアリーな素材をON!
長袖&マキシ丈ワンピだって、グッと軽やかな印象になります。
インナーはしっかり着こんで、見えないところで寒さ対策はバッチリと♡

”ダメージジーンズ”なら、それだけでこなれ感が生まれる

春夏に大活躍した”ダメージジーンズ”は、秋冬もワードローブのスタメンに!
ラフな着崩し感を簡単にプラスできるので、抜け感たっぷりな「こなれ」コーデが簡単に実現♪
9分丈になるようにロールアップさせたら、ショートブーツで足首をしっかりガード。
トレンド感をキープしつつも足元の暖かさはバッチリです。

シルエットに緩急をつけて、全体の”抜け感”を意識して

スッキリとしたIラインシルエットは、素敵だけど真面目な印象です。
ストールで顔周りにボリュームを出し、オーバーサイズのコートを羽織って下半身はミニマムにまとめる。緩急のあるシルエットで遊び心を生み出せば、全体に”抜け感”を醸し出すことができます。
今季はロングブーツもトレンドにIN。
合わせてスタイリングすれば、寒さ対策&オシャレは完璧です!

ワイドパンツ×ロング丈コートで旬の着こなしを

トレンドから人気に火がつき、今となっては欠かせないアイテムとなったワイドパンツ。ワイドパンツがあれば、簡単に旬の着こなしに。
ワイドパンツ×ロング丈コートは簡単にこなれ感を出せる鉄板コーデ。迷ったらこの組み合わせをすれば失敗しません♡

デニムonデニムにさらにこなれ感をプラスするならonアウターで決まり!

こなれたファッション代表と言えば、デニムアイテム同士を組み合わせて着るデニムonデニムのコーデ。特に工夫しなくても、簡単にこなれたコーデが作れます。
でもワンランク上のコーデを狙うなら、さらにアウターを羽織って、暖かさもおしゃれさもアップしましょう♡ アウターonアウターは、寒い日にぴったりのコーデ術です。

寒いときは“足首見せ”ではなく、カラーソックスを覗かせて♪

どうしても寒さが厳しいとき、足首を見せて抜け感をアピールするのはちょっと抵抗がありますよね。そんなときは、スナップのようにカラーソックスを仕込んで抜け感をプラスしましょう♡
さりげない差し色がおしゃれなのです。

キャラクタートップスは、パッチワークデニムの組み合わせで♪

キャラクター物のトップスもカジュアルなこなれ感を作れるアイテム。デニムパンツと合わせるのが鉄板ですが、無難なだけじゃ物足りない……。おしゃれに貪欲な方は、パッチワーク付きのデニムをはけばこなれ度がアップします。
一見コーデが難しそうなアイテムをさらっと着こなすのがファッショニスタのコーデ術なのです♪

定番のニット×デニムパンツはヒールパンプスでこなれる

万人ウケする上、似合わない人がいないのがニット×デニムパンツの定番コーデ。シンプルなコーデだからこそ、こなれ感が重要になります。
シンプルなとき、カジュアルなとき、一番手軽にこなれ感をプラスできるのはヒールパンプス。自然な肌見せで抜け感を演出しましょう。

ファークラッチでモノトーンコーデにこなれ感を

小物を使ってこなれ感を出したいときは、やっぱりクラッチバッグが便利。レザーのものをデイリー使いしている方も多いと思いますが、秋冬は素材で季節感を押さえましょう♡
毎年使えるファータイプなら、秋冬の間はヘビロテできるのでコスパも良いです。

2017年2月23日 mamiko 更新

The following two tabs change content below.
AYA

AYA

祖母は和裁士、母は洋裁士という手芸大好き一家で育つ。 小さい頃からファッション雑誌が大好きで、現在でも数多のファッション誌を読み漁る毎日。 アパレル店員を経て、結婚・出産。 現在は、二児の子育てに奮闘しながら、Webライターとして活動中!