マムパンツに夢中♡ ダサくならない着こなしのポイントを要チェック♪

今年の春、ファッショニスタの間で大注目のアイテム「マムパンツ」!
“ハイウェスト”で“タック”が入っているので「お尻まわりがゆったり」しつつ、足先にむけて細くなっている“テーパードのシルエット”が「美脚」も期待できる優れもの。
「マム」=「ママ(お母さん)」の意味。この一昔前のママの青春時代を思い出させるような“ダサ可愛い”雰囲気が、まさに今年らしいアイテムです♡
今回は「今年のパンツスタイルに欠かせない“マムパンツ”の着こなし方」をご紹介いたします。ダサくならないか心配だった方も、安心しておしゃれを楽しんでください♪

黒いマムパンツなら「大人の雰囲気」で着こなせます

大人っぽい“きれいめコーデ”を完成させるときにも、「マムパンツ」のシルエットなら「今年らしさ」を取り入れられます。モデルさんのように、一見ベーシックなコーディネートですが、黒いパンツのシルエットで“さりげないトレンド感”が楽しめます♪

 

 

カーキ色のマムパンツは春の「大人カジュアル」で大活躍♡

今年の春、よく目にするようになる“ファッションアイテムのお色”は「モノトーン」と「デニムのブルー」。それらのお色に合わせやすい「カーキ色」は着まわしやすく、パンツを一本もっていると重宝すること間違いなしですよ♪
ぜひ今年らしい「マムパンツ」のシルエットで、常備しておきたいアイテムです。

 

 

マムジーンズでデニムパンツに「個性」をプラス

春の軽やかさを着こなす「ダメージデニムジーパン」。去年と差をだすなら、マムジーンズのシルエットで個性をプラスしてはいかがでしょうか♪
カジュアル感がかなり強く、クールにコーデするのが難しい印象の“ダメージ加工のマムジーンズ”ですが、モデルさんのように“エレガントなアイテム”と組み合わせると着こなしやすくなります。

 

 

濃紺のマムジーンズは「きれいめカジュアル」にもGOOD♪

濃い色のマムパンツ同様、濃紺のマムジーンズなら“きれいめカジュアル”のコーデにぴったり♪
モデルさんのように、トレンドまちがいなしの「レースアップシューズ」を、パンツ裾をロールアップしてコーデすれば、振り返って見たくなるほど可愛いですね! おしゃれが好きな女の子の“注目のまと”になりそう♡

 

The following two tabs change content below.

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。