流行りのガウチョパンツやスカーチョの“細見え”コーデ術

注目トレンドとして今季も流行中のガウチョパンツやスカーチョ。体型カバーアイテムとしても関心が高いですよね。でもちょっと待って下さい。体型カバーだからと言って、必ずしもカバーしてるとは限らないんです!
骨盤が出っ張っている“りんご体型”さんや、ヒップから太もものラインが気になる人は余計に太って見えてしまうことも。デザインにシルエット、で素材や丈を見て自分に合ったガウチョパンツやスカーチョを選んでみて下さいね。では、細身効果の期待できるスナップをご紹介します!

柄物ガウチョを選ぶなら“細めストライプ”で細身効果を期待!

1

ライトベージュのとろんとしたシャツ、ストライプのガウチョパンツコーデ。シャツのフロント部分をパンツに仕舞うことで、ウエストにポイントを置き、全体的に色味が薄くても膨らんで見えません。デザインも細身のストライプ柄なので、縦長効果も。また後ろが長めになっており、シャツが揺れるので、気になるウエストからヒップのラインを隠せます。

ダークカラーのガウチョなら、引き締め色が細身効果をさらにアシスト。視線を上に誘導してくれるライトカラーのトップスは、無地でさりげなく取り入れるとあからさまに見えません。

落ち感素材も良いけど“パリッ”は細見えコーデのポイントに!

2

俗にいう“りんご体型”さんは、テロッとした落ち感のある素材より、少し厚手のパリッとした生地を選びましょう。ストンと落ちず、裾に広がりを持たせるので足が細く見えるんです。足首や手首などの関節は、細く見えるポイントになるのでしっかり出しておくと◎

スカーチョで足長効果を狙うなら、パンプスはヌーディカラーで!

3

紺×白はオールシーズン使えますが、春夏の定番カラーとも言えます。爽やかかつ清潔感のある色使いで、オンオフともに使用できるのが嬉しいところ。紺のブレザーがタイトな雰囲気で、スカーチョもラップスカートに見えるデザインになるので、ウエストから足にかけてAラインシルエットがキレイに見えるスタイルですね。パンプスもレースアップのヌーディカラーになるので、肌の色と合わさることで足長効果も期待できます。

シャツもスカーチョも“とろみ×とろみ”の落ち感で、ストンと体型カバーコーデ

4

流行のプリーツタイプのスカーチョ。すとんと落ちたシルエットですが、シフォン素材でエアリー感がたっぷり。揺れる裾がフェミニンさを兼ね備え、エレガントに着られるトレンドアイテムです。黒のとろみシャツとも相性が良く、レースアップシューズ、かごバッグも黒が使われているのでフェミニンだけど甘すぎない、上品な大人女子コーデになっています。

2017年9月10日 watabe 更新

The following two tabs change content below.

ユキ

元アパレル販売員です。現在は新米ライターとして活動中ですが、まだまだ未熟者です。日々精進できるよう頑張ってます。絶賛子育て中でチョコと猫と服を見てるのが大好き。