まるごと真似したくなる、153cmのミニマムモデルSHIORI HIRAIさん、ワンランク上のコーデ術♡

最終更新日: 2017/01/04 by #CBK編集部

自分の身長を気にして、着たい服をガマンしている……そんなミニマムさんに朗報です! 冬になると多くなるロング系のアウターや、インパクトの強いアイテムだって、工夫次第でジャンジャン着こなせるコーデの裏ワザがあるんですよ♪

153cmのミニマムモデルのSHIORI HIRAIさんのコーデをお手本にすれば、あなたの服選びが変わるかもしれません。

トレンドのビッグサイズアウターは、バランスを味方にして着こなす♪

今年はビッグシルエットのアウターが大流行り。寒くなってくると、暖かく包んでくれるコートが手放せません♪ 重めのコートはNGだと思い込んでいるあなたにも、トレンドを上手く着こなす秘訣をお教えします。ミニマムさんのコーデに一番大切なのは、バランスです。大きめアウターには、できるだけ中をコンパクトに、そして自然と視線が上に向くよう、アクセントになるトップスを選ぶこと。

ハットやベレー帽もミニマムさんの味方です。

シンプルなデニムコーデは、小物使いで差をつける!

小柄な方の悩みとして、子供っぽい印象になりがち、というのもありますよね。特にカジュアルなスタイルでキエたい時には、そこが問題ではないでしょうか? デニムを使ったコーデの場合、小物でレザーやインパクトのあるクラッチなどを投入するアイデアをおすすめします。ボトムの裾をロールアップして、オシャレなショートブーツを生かせば、足長効果も期待できますよ♪

ボリュームのあるMA-1は、縦のラインを強調して着こなす!

ミリタリーテイストがおしゃなMA-1タイプのブルゾン♪ リュームがあればある程、ふくらんで見えるのが気になるミニマムさんも多いものです。ここでもバランスを考えて、縦のラインを統一するのがおすすめ。スナップでは、カーキのブルゾンに対して、縦をブラック一色にした辛口コーデに仕上げています。

足元の抜けを作るとさらにスッキリ見えるので、パンプスもOK。ただし、足元のカラーだけが浮かないよう、ご注意くださいね。

個性派コーデは、統一感でハードルを低くする♪

アイテムごとのインパクトが強いコーデは、特に難易度高めで敬遠している方も多いでしょう。ただ、素材やカラーを絞り、セットアップ風にすることで、意外と問題は解決します。スナップのようにデニムのインディゴとカーキを使えば、こなれたコーデの完成。フリンジやポンチョなど、動きのあるアイテムで適度に視線をバラつかせるのも、ミニマムな身長を忘れさせるテクニックです。

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。