可愛いだけが魅力じゃない! アラサーは“甘くない”ワンピースの着こなしを

最終更新日: 2017/03/30 by watabe

暖かくなってくると目立ってくるフェミニンなアイテム。中でもやっぱり目を惹くのは、女子だけの特権であるワンピースですよね。

10代~20代前半の頃は可愛く着るのが当たり前でしたが、年を重ねると甘く着るよりも、シンプルに女性らしさをアピールしたくなりますよね。

そこで今回は、甘くならないワンピースの着こなし方法をご紹介します。

可愛いさも大人っぽさも♡ ワンピース×ロング丈アウター

ワンピースの可愛さはそのままで大人っぽさも欲しいなら、ロング丈のアウターとの組み合わせがおすすめです。中途半端な丈だとスタイルが悪く見えてしまう可能性があるので、ワンピースと同じくらいか、少し長めの丈のものを選ぶとバランスよくまとまります。
スナップでは無地のワンピースを着用していますが、花柄のワンピースでも、可愛すぎず大人っぽい雰囲気で着られますよ。

スポーティーなハズシをプラス! ストライプワンピース×カジュアル系アウター

シュッとした女性らしいワンピーススタイルを目指すなら、ストライプ柄を選びましょう。デニムコートやブルゾンなど、カジュアルめなアウタを合わせればスポーティなコーデになります。
甘すぎないワンピースコーデは、夏にもぴったりです。

きれいめな大人コーデに! リネンワンピース

いかにもな可愛い系を避けるならリネン素材のワンピースがおすすめです。程よい上品さが大人のアラサー女子にぴったり。
スナップのように、スカーフでウエストマークすると華やかにキマります。ブラックやネイビーなど、ベーシックなカラーを選ぶ場合は小物で遊び心をプラスして、大人の余裕を漂わせましょう♪

レースワンピースはちょっと辛口な着こなしを

甘いアイテムの代表とも言えるレースがあしらわれたワンピース。甘さを抑えて着こなすなら、ライダースジャケットやレザージャケットで辛さをプラスしましょう。MA-1などのカジュアルなブルゾンでもOKです。
「年齢的に厳しいかな? 」と思うような甘いワンピも、辛口orメンズライクなアイテムを合わせれば違和感なく着られます。

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。