「ビタミンカラー」で心躍る夏。爽やかに着こなす太陽に似合うコーディネート

最終更新日: 2017/10/05 by watabe

春夏は「ビタミンカラー」を取り入れて、コーディネートも気分も明るく過ごしませんか? 「ビタミンカラー」とは、柑橘系の色のことで主にイエロー、オレンジ、グリーンを指します。明るい色に身を包むと心までウキウキな気分になれちゃいますよ♪

ビタミンカラーを爽やかなスタイルに仕上げるには、”ホワイトカラー”と合わせるのがおすすめです♪ 照りつける太陽の日差しにも負けない、軽やかなスタイルで心躍る夏をお過ごしください。

ハツラツとしたイメージのイエローは、ホワイトの力で優しい印象に

イエローはコーディネートがパッと華やぐ反面、アクティブな印象になってしまうことも。そこでホワイトを合わせると優しい雰囲気に仕上がります。またスナップのような女性らしいレース素材のスカートを選ぶことで、イエローを上品に着こなせます♪

こちらはイエローのサマーニットを使ったスタイル。他のアイテムをホワイト系のカラーでまとめることで女性らしいふんわりとした印象になります。またニットのパンチングは、夏のイエローをより涼やかに見せてくれます♪

グリーンは大人エレガントな着こなしで、暑さを感じさせないスタイルを

グリーンは落ちついた女性にぴったりのエレガントさをプラスしてくれます。カジュアルな白Tシャツもグリーンのフレアスカートと合わせるだけで、大人エレガントなスタイルに。歩くたびに風になびくスカートは女性らしさもアピールできます。

こちらは袖フリルトップスにグリーンを取り入れたスタイル。ワイドパンツでもエレガントな仕上がりになります。無地のトップスでも袖がフリルになっているから、ただのシンプル服ではないワンランク上のアイテムに。

太陽カラーのオレンジは、レトロな雰囲気でありながらヘルシーさも両立

太陽カラーでもあるオレンジはヘルシーな明るさを演出。他のカラーを抑えることでワイドパンツを上品に着こなすことができます。スナップのようにニット素材なら、秋にも使えるアイテムです。

こちらはワイドパンツを使った、レトロな雰囲気が漂うスタイル。ブラウスとバッグをホワイトにすることでオレンジがより映え、顔もパッと明るい印象に♪ 足元が隠れる分、アップヘアで首元を見せると抜け感が作れます。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡