派手色が苦手な方へ! 「ベーシックカラーだけ」のオシャレコーデ集

最終更新日: 2017/07/02 by watabe

レッドやイエロー、ブルーにピンク。春から夏にかけて、ビビッドな明るいカラーの洋服がトレンドとなっています。着こなしをパッと華やかに仕上げてくれるのは分かっているけれど、なんだか取り入れるのに勇気が出ない、という方も多いのでは?

「ベーシックカラー」だけを使ったコーデはシンプルで場所を選びません。今回は、地味見えしない定番色を使ったコーデをご紹介します。

ブラック×グレーの大人配色はスタイリッシュな印象に

ブラックとグレーの配色は、スタイリッシュで洗練されたイメージ。夏の黒は重たく見えてしまうこともありますが、グレーを合わせれば程よい抜け感が出ます。

小物でホワイトを取り入れれば、より軽快なイメージに♪ 配色自体がシックで上品なので、ちょっとカジュアルなアイテムも大人っぽく仕上がります。

アースカラーで揃えればカジュアルも引き締まる

はき心地の良いチノパンツ×カットソーのカジュアルコーデも、アースカラーでまとめればシックにクラスアップ! シンプルなアイテムの組み合わせなのに、オシャレな印象になりますね。

ワントーンコーデはまだまだ健在!

気負わず着られるカットソー素材の服は、暑い夏の味方です。でも、上下どちらともカットソー素材だとだらしなく見えてしまうことも。

そんなときは「ワントーンコーデ」の出番。着こなしをアーバンライクに仕上げてくれる配色で、楽チン服でもおしゃれに見えます。部屋着にならないように、小物は引き締め効果の高いカラーのものをセレクトして、全体にアクセントをプラスしましょう。

使えるホワイトTシャツをカーキ&ブラックで辛口に

ついつい手が伸びるホワイトのTシャツ。夏の定番ですが、カジュアルなアイテムのため合わせるボトムやカラー次第では幼く見えてしまうこともあります。

大人のオシャレコーデを目指したいなら、他のアイテムをカーキ&ブラックでまとめるとグッとスタイリッシュなムードに。

The following two tabs change content below.
AYA

AYA

祖母は和裁士、母は洋裁士という手芸大好き一家で育つ。 小さい頃からファッション雑誌が大好きで、現在でも数多のファッション誌を読み漁る毎日。 アパレル店員を経て、結婚・出産。 現在は、二児の子育てに奮闘しながら、Webライターとして活動中!