小さいさんが「洋服に着られない」ための8つのポイント

最終更新日: 2017/05/23 by watabe

小さいさんのスタイリングにおいて特に重要なのが、重心を上に持ってくるということ。小物使いや着こなし方を工夫して、視線を上半身に集中させる、これがとても大切です。
今回は、そんな着こなしポイントを押さえられる、簡単な8つのテクニックをご紹介。今シーズンのトレンドを生かしたものはもちろん、年中使える小ワザもピックアップしましたので、ぜひ参考にしてくださいね★

デカサングラス&帽子で視線を上半身に集中させる

フレームが大きめのサングラスは、視線を上に集めることができるので、オシャレに役立つだけでなくスタイルアップにも効果的! さらにキャップをかぶることで、顔回りがコンパクトになってバランスも良く見えます。

カーディガンの肩掛けでポイントを作る

繰り返しになりますが、小さいさんの着こなしで大切なのは、とにかく重心を上半身に置くこと。特に目立つ小物を使わなくても、スナップのようにカーディガンを肩にかけるだけでも印象が違ってきますよ。

頭のてっぺん近くでお団子を作って高さを出す

ヘアアレンジでもスタイルアップは狙えます! 正面からしっかり見えるくらいの位置でお団子を作れば、かなりの高さ盛りに♪
クリーンなホワイトのふんわりブラウスは、パンツにINしてさらにバランスよく。

中折れ帽でスマートに身長を盛る

帽子を被るだけでも縦長のラインは作れますが、頭頂部との間に空間ができる中折れ帽は、特にその効果大! 広いつばで、同時に小顔見えも狙っちゃいましょう★

スカーフをくるっとひと巻きして首元にアクセント

トレンド続投中のスカーフ。スタイルアップに使わない手はありません! 面積の狭い小ぶりなものを選び、細く折ってから巻くのが着こなしに馴染ませるコツです♪

カジュアルスタイルでもウエストIN♪

雑誌や街でも定着してきたウエストIN。きれいめな着こなしのときにだけ実践しているという方は、ぜひラフなスタイルにも取り入れてみて。腰高に見えるだけでなく、大人なカジュアルルックが完成します。

ストールを使えば冷房対策にもなって一石二鳥♡

スカーフと同じ要領で、ストールも上半身への視線集めに効果的。しかも出先の冷房で寒くなったときは、ほどいて肩や膝に掛けられるので機能性もバッチリです♪

今年のイチ押し! サッシュベルトで瞬時に腰高スタイルをGET

やっぱり今季らしい着こなしに欠かせないのがサッシュベルト。一般的なベルトより太さがある分、巻くだけで腰の位置を高く見せてくれるスグレモノです。今は太さのバリエーションも出てきているので、お好みのものをチョイスして★

The following two tabs change content below.
真雛美(MASUMI)

真雛美(MASUMI)

ファッション系メディアのキュレーター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★ ■WEB→ http://masumi.top/ ■Instagram→ https://www.instagram.com/masumi_sp/ ■Twitter→ https://twitter.com/masumi_888