大きいお尻をカバー! シルエット別・3種類のお助けデニム

最終更新日: 2017/05/28 by watabe

「ピタッとしたデニムだとお尻まわりがムチムチに見えちゃう」「お尻が強調されて後ろ姿がキマらない」「お尻の大きさのせいでデニムをはいてもかっこ悪く見えちゃう」など……。お尻が大きいと、デニムパンツのコーデがサマにならない! という声はよく聞きます。

どうしたら大きいお尻を上手くカバーして大人カジュアルなコーデが楽しめるのか? ということで、3種類のデニムをおすすめします! 大きいお尻にお悩みの方は、デニム選びから替えてみてくださいね♪

縦の立体感を! ワイドデニム

大きいお尻でお悩みの方は、ロングスカートやマキシスカートなど、シルエットの出にくいスカートに頼っているかもしれません。デニムで同じ効果を狙うならワイドパンツを選んでみてください。縦の立体感が演出できるのでお尻の大きさが気になりません。
ハイウエストではけば、お尻の丸みもカットできます。

ヒザ下ダメージのスキニーデニム

スキニーデニムをはくなら、ヒザ下に目立つダメージのあるタイプを選んで視線を下げましょう。お尻から視線をズラせば、スキニーデニムもはきやすいです。

大きめサイズのストレートデニム

ジャストサイズよりも少し大きめのストレートデニムでゆとりを持たせればお尻のラインが強調されません。トップスINで視線をウエストに集めて小尻な装いを♡

お尻をうまくカバーするには、お尻のラインを強調しない&視線をそらすのがポイントです。素敵なデニムコーデを楽しんでください♪

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。