ぽっちゃり系女子&細見えしたい人に贈る! 野呂佳代さんから学ぶ「シャツの着やせ見え」講座

最終更新日: 2017/06/24 by watabe

ぽっちゃりさんや体型にちょっと自信がないなという人の中には、洋服で着やせ効果を狙いたいと思っている人も少なくないはず。幅広いスタイルに使えて着回しもできるシャツは、数ある細見えファッションアイテムの中でも特におすすめです。今回は元AKBメンバーで、ぽっちゃり系女子のお手本でもある野呂佳代さんのスナップをご紹介。野呂さんの体型に合ったシャツの選び方や着こなし方は、ぽっちゃり体型の女子のみならず着やせ効果のある着こなしを知りたい方にも必見です!

細見え抜群のドロップショルダー。サイズ選びと素材がポイント

体型を拾わないルーズな肩ラインが細見えを叶える、ドロップショルダーのシャツです。首元や手首のような体の細い部分を見せて着るとすっきり着やせ効果が。落ち感のある素材で腰回りをゆったりさせるとウエストインしてもお腹を目立たせません。ゆったりシルエットのサイズと肌なじみの良い質感のものを選ぶことがポイントです。

ワンピースには柄物がおすすめ。柄の大きさと太さに注意して

ワンピースは無地のものよりのっぺり感がない柄物が◎。特にスナップのようなモノトーンの細かなブロックチェックはおすすめです。ボーダーなどでもそうですが、太め・大きめの柄は余計なインパクトを与えてしまうことがあるので避けたほうが良いでしょう。

無地のシャツワンピースを着るなら、着やせ効果のあるデザインがポイント

サファリシャツの特徴である多めのポケットや、エポーレットデザインがメンズライクなワンピースです。とろみのある質感が、カジュアル色の強いサファリシャツを大人な雰囲気に。何といっても大きめで濃い色のフロントボタンが視線を中心に寄せて、縦ラインを強調してくれます。無地のワンピースを1枚でストンと着るならこんなデザインがおすすめです。

カラーでメリハリを。視覚効果で体型カバーを狙う

スナップのようにインナーがホワイトカラーの場合、羽織のシャツは濃いカラーを選ぶのがおすすめ。引き締め効果が期待できます。ロングシャツだとさらに縦ラインも強調♪ デニムパンツはロールアップしてバランスを取るようにしましょう。

小物でつくる簡単着やせ効果! ストールは夏でも使えます

モノトーンのきれいめスタイルにストールをかけるだけの簡単着やせテクニック。シャツとパンツだけのスタイルより、断然こちらのほうがストールの縦ライン効果で細く見せることができます。夏素材のものやホワイトカラーなら暑苦しく見えない上に、日焼け防止アイテムとしても最適。

The following two tabs change content below.
jeaNa

jeaNa

アパレルショップで販売職を経験。現在はファッション関係を中心に執筆活動中。デニムパンツと海外ドラマを観ることが大好き。